保存 母乳

あなたの母乳は甘い?苦い?


母乳というのはお母さんの食べたものによって味がその都度変化します。


そのため赤ちゃんは毎日違った味の母乳を口にすることができ、これによって味覚が発達していきます。


しかし裏を返せば、お母さんがバランスや質の悪い食事を摂っていると母乳も質の悪い母乳になるということです。


私たちでもおいしくない食べ物は食が進みませんが、赤ちゃんでもそれは同じです。

おいしい母乳というのは、薄い練乳のようなほんのり甘い味


おいしくない母乳はあまり飲みたがらないため、放っておくと母乳の出が悪くなったり乳腺炎や詰まりなどのトラブルにもつながります。
おいしい母乳というのは、薄い練乳のようなほんのり甘い味だと言われています。



一方おいしくない母乳というのは、甘すぎたり脂っぽかったり、苦みや酸味があると言われています。
母乳が甘すぎる原因として考えられるのは、母乳が濃くなりすぎていることが多いようです。


苦みがある場合は何が原因???


苦みがある場合は甘いものの摂りすぎであるほか、脂肪分の多い食事をしていると母乳も脂っぽくベタベタしてくるようです。


このような質の悪い母乳では赤ちゃんもあまり母乳を飲みたくなくなってしまいますし、たとえ飲んでくれたとして消化が悪く赤ちゃんの身体にも負担がかかってしまいます。


時には乳児湿疹や脂漏性湿疹がひどくなるなど、赤ちゃんの肌にトラブルを起こしてしまうこともあります。
そのため母乳の味が甘すぎたり苦すぎるといった場合には、まずはお母さん自身の食生活を改めることが大切です。


母乳に苦みがある場合は「甘いもの」を控え、脂肪分の多い食事を控えるようにしましょう。


気を付ける事は?


甘い、苦いに関わらず、塩分や脂肪分の高い食事はなるべく避け、和食中心の質素な食事に切り替えるとよいでしょう。

母乳育児中は何かとストレスが溜まることも多く、ついつい甘いものを食べたくなってしまいますが、甘いものが食べたくなった時はチョコレートやケーキなどの洋菓子ではなく、まんじゅうなど和菓子を食べる方が母乳にはよいとされています。


またジュースなどの甘い飲み物も母乳の質を低下させるためなるべく避けるようにしましょう


このように母乳の味はお母さんが食事に少し気をつけるだけで大きく変わります。

母乳を飲んでいる赤ちゃんの様子や飲みっぷりを良く観察し、あまりおいしそうに飲んでいないもしくは飲みっぷりが悪いようであれば、一度お母さんの食生活を見直してみることが大切です。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. カフェインレスコーヒー

    カフェインレスコーヒーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    カフェインが赤ちゃんに悪影響を与える カフェインレスコーヒーとは、特別な手法によってコーヒーの…
  2. 炭酸ジュース 母乳

    炭酸ジュースはダメ?【授乳中&母乳にNGの飲料】

    赤ちゃんの発育に影響をおよぼす可能性がある炭酸ジュース 炭酸ジュースには、その他の飲料と比較し…
  3. 母乳育児とミルク育児

    約11カ月間の完全母乳育児で長男を育てました。【体験ブログ】

    出産前の時点では出来るだけ母乳育児をして行こうと思っていました。 私が出産した病院は「母乳育児…
  4. 母乳育児とミルク育児

    溜まり乳と差し乳の見分け方は?私はどっち?

    おっぱいには溜まり乳と差し乳2つのタイプ 溜まり乳とはおっぱいの中に常に母乳が溜まっている…
  5. ルイボスティー 効果 母乳

    ルイボスティーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    母乳の質が向上するルイボスティー ルイボスティーとは、「ルイボス」というマメ科の植物の葉を乾燥…
ページ上部へ戻る