母乳育児 つらい

経済的にも母乳の方が助かりました。


1年前に初めての子どもを出産しました。
私の場合、産む前からミルクを併用はしても良いけれどメインは母乳で育てようと決めていたんです。


その理由は、色々な本を読んでみて子どもの健康のためになりそうだと考えたこと、そして経済的にも母乳の方が助かると思ったからです。


粉ミルクって意外に高価ですよね。


もちろんミルクだけで育てたという人を非難するわけでも、母乳ではないとだめだと思い込んでいたわけではありません。

ただ、私は出産時に仕事をしておらず、3歳までは子どもと常に一緒にいるつもりなので、それなら母乳の方がメリットが大きそうだと思ったんです。

母乳育児は考えていた以上に大変でした。


しかし、実際に子どもが産まれてみたら、母乳育児は考えていた以上に大変でした。
まず出産すれば出るだろうと考えていた母乳が、すぐには出なかったことからトラブルは始まりました。


母乳育児を推奨している産院ではあったので、生まれた直後に子どもに乳首を吸わせてくれるといった対処はしてもらえました。


でも、母乳が出なければ吸うこともできませんよね。

まさか出産後3日後でミルクを飲ませることになるとは思いもしませんでした。


その後、母乳マッサージをしてもらったり、飲ませやすい体勢を色々と試していくうちにやっと子どもが満足するくらいの母乳を出せるようになりました。

頼れる人がまったくいない中での母乳育児となりました。




ちゃんと赤ちゃんに食事を与えられるようになったことには安心したものの、それから3日後にはもう退院です。
夫は日中仕事に行っていますし、両親は遠方にいるため頼れる人がまったくいない中での母乳育児となりました。


辛いのは息子がとにかく抱っこをしていないと寝てくれないタイプの赤ちゃんだったことです。
おっぱいをあげる→寝かしつけるのサイクルを1時間おきくらいに続けるわけですが、とにかく常に抱っこしていないといけない。


どんなによく眠っていても、身体を離した瞬間に起きて泣き始めてしまうんです。
母乳をたくさん出すためにもご飯をしっかり食べたかったのに箸を持つことすら難しく、しばらくは夫が朝握ってくれたおにぎりだけをひたすら食べることになってしまいました。



母乳の方が消化が良いためすぐにお腹がすくのだという話はきいたことがあったので、いっそミルクを足してしまおうかと本気で悩んだこともあります。

気持ち的な面も母乳育児のメリットのひとつだと思います。

それが落ち着いてきたのは、生後3週間ほど経ってからだったでしょうか。

やっとソファにおいても眠ってくれるようになりました。

母乳のメリットをゆっくりと実感できるようになったのはこの頃からです。


自分が精神的に落ち着いてくると、一生懸命おっぱいに吸い付いてくる子どもがものすごく愛しくなってきました。

愛情が爆発しそうというか……。


この気持ち的な面も母乳育児のメリットのひとつだと思います。

うちの場合はまだ卒乳は考えていませんが、もう少ししたらおっぱいを飲む子どもの姿もみられなくなるのかと考えたら、既に少しさみくなってしまっています。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 乳児教育

    超重要。幼児教育が天才教育に必要な理由とは?【乳児教育】

    0才から幼児教育を始めるか迷ってませんか? 天才を育てたい・・・じゃなくても子供の将来のために…
  2. 保存 母乳

    母乳の味が甘い場合・苦い場合はどうするの?

    あなたの母乳は甘い?苦い? 母乳というのはお母さんの食べたものによって味がその都度変化します。…
  3. 母乳育児メリット

    溜まり乳の卒乳・断乳時期は?

    溜まり乳の方は自然卒乳は難しい?? 母乳育児のお母さんが赤ちゃんに母乳を飲ませなくなることを卒…
  4. 麦茶 母乳

    麦茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    麦茶を飲めば血行を促進する効果が期待できます 麦茶は、大麦の種子を煎じて作られており、その歴史…
  5. 母乳が出ない

    乳腺炎で激痛。おっぱいマッサージで治療しました。【体験ブログ】

    出産は「鼻からスイカを出すほど痛い!」と出産前に職場の先輩ママ達からよく聞かされていました。 …
ページ上部へ戻る