やはり母乳育児の方がおすすめです。


現在子供二人を育てていますが、上の子の時は完全母乳で、下の子は母乳と粉ミルクの混合でした。


二人それぞれ違った方法で育てましたが、やはり母乳育児の方がおすすめです。
母乳の素晴らしい点は、やはり経済的にも子供の健康にも産後の自分自身の身体にも良い所であります。


粉ミルクですと、安いものを使用して居ても月に一万円程かかってしまいます。


赤ちゃんは色々と費用が掛かるので粉ミルク代が掛からないだけでもかなり生活面で違いが出てきます。


産後の身体の変化も母乳育児をしていると、妊娠中に増えてしまった体重が何もしなくてもみるみる痩せて行き、一ヶ月程で元の体重に戻すことが出来ました。


母乳を与えると栄養が母乳に行くので痩せるという話を聞いたことがありますが、やはりそうであると思いました。

混合で育てた下の子よりも風邪や病気もせず健康であることが明らかでした。


何よりも、完全母乳で育てた上の子の方が、母乳と粉ミルクの混合で育てた下の子よりも風邪や病気もせず健康であることが明らかでした。


なので下の子も完全母乳で育てる予定でしたが、私が風邪をひいてしまい一週間程粉ミルクを与えて母乳をおやすみして居たら、再開する頃には母乳の量が足りず出が悪くなってしまいやむを得ず混合で育てましたが、粉ミルクで育てている時に困ったのがやはり外出先には粉ミルクとお湯が無いと直ぐに与えられず不自由をしてしまうことです。


母乳で育てて居ると、粉ミルクを作る手間や時間が無いので自宅では勿論、外出先では特に不自由をすることが無く子供を待たせずに済むのでとても良かったので尚、母乳で育てたいと思いました。


ですが、毎日きちんと吸わせないと量が足りなくなってしまったり出が悪くなってしまったりと、そういった点で工夫するのが大変でした。

個人的に利点があると思うので母乳育児をおすすめします。


実際、風邪で母乳が足りなくなってしまった後に悩み、ストレスを感じて余計に出が悪くなってしまったりと、身体から出るものなので体調や食事に影響されたりするので食事の量を増やしてみたり、睡眠時間をきちんと取ったりと、とても身体に気を使わなければならない部分があります。


ですが、そういった大変な部分もありますがやはり母乳育児の方が個人的に利点があると思うので母乳育児をおすすめします。



母乳育児では卒乳が大変だと言われて居りますが、母乳育児をしながら時々哺乳瓶で飲み物をあげたり搾乳した母乳を哺乳瓶であげることにより、おっぱいへの執着も減り卒乳も苦労しなくなります。


なので工夫により、卒乳も簡単に出来るので工夫をしながらの母乳育児をすれば大変な事もあまりなく、母子共に母乳育児から卒乳までストレス少なく生活が送れると思います。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. フットボール抱き

    卒乳をする日まで完全母乳。おすすめは・・・【体験ブログ】

    私が出産した産院では、母乳推進でした。 、妊娠中からおっぱいマッサージをして産後しっかりおっぱ…
  2. タンポポコーヒー

    たんぽぽコーヒーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    コーヒー豆を使っていないたんぽぽコーヒー たんぽぽは英語ではタンデライオン、中国語では蒲公英(…
  3. 乳児教育

    超重要。幼児教育が天才教育に必要な理由とは?【乳児教育】

    0才から幼児教育を始めるか迷ってませんか? 天才を育てたい・・・じゃなくても子供の将来のために…
  4. 母乳育児食事

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…
  5. 母乳育児は薬が飲めないのが大変です。【体験ブログ】

    私は一年間母乳育児をしました。 母乳育児にしたいなと思ったのは、やはり、母乳育児の方が栄養価が…
ページ上部へ戻る