育て方は人それぞれ、自分の子育てに自信を持って【体験ブログ】

乳腺炎 予防

健康な状態なら出来る限り体を動かすことをお勧めします。


出産したら母乳育児をする事はお母さんの体を元通りにしていくためにも必要なことであり、赤ちゃんにとっての必要な栄養が詰まったものであると勉強していたため、自分がそうできるものだと当たり前に考えていました。

早産での長期入院の経験もあり、自分の出産はスムーズにいかないのではないかと思っていました。
やはり、予定日をこえても産まれる気配はなく、わたし自身の体も血圧や尿タンパクの値も限界がきていたので、促進剤で出産することになりました。


結局難産になり、私は2.7リットルと大量出血をしてしまいました。


産後の傷口もひどく、ひどい貧血状態のため、輸血をし絶対安静でした。
血圧計や心電図、血中の酸素を図るため指には機械をつけていました。


もちろん尿パックもついていて赤ちゃんを抱っこすることが困難な状態でした。
初乳の大切さを聞いて知っていたので与えたいと思っていましたが、母体の健康が1番だと先生や看護婦さんに言われ、私の授乳は産後三日間叶いませんでした。

貧血状態が強く母乳はほとんど出ませんでした。


ですが周りのママ達は、授乳室に赤ちゃんを連れて行き、3時間おきに授乳に向かっている姿を見かけ、焦る気持ちが募りました。


ですが1人では動けないので、どうしようもありません。

早産で長く入院してしまっていたため、体力も落ちその状態で出産をしたので余計でした。


出産に体力はつきものだといますが本当にその通りです。

健康な状態なら出来る限り体を動かすことをお勧めします。



そのため私は初めからミルクに頼っていました。


私の赤ちゃんはとてもよく飲む赤ちゃんだったので、自分の母乳では全く足りませんでした。

そんな状態だったので私は母乳にこだわらなくなりました。
赤ちゃんが順調に大きくなってくれるのなら、ミルクでも母乳でも関係ないと思いました。


貧血状態が治まっても私の母乳の出が悪いままでした。
赤ちゃんを連れてお出かけすると、知らない人から母乳?と突然プライベートなことを聞かれる機会がよくありました。



聞いた側は何の思いもないのですが、私は最初気にさわりました。


自分が出ないことを少し引け目に感じていたのです。最初は正直に両方ですなんて答えていましたが、今思えば会釈でスルーするべきだったなと思います。



赤ちゃんを頑張って産んだママは堂々としていればいいのです。その時答えたくないと思えばそんなプライベートな質問に答える必要はないし、話を聞いてほしいと思うなら話せばいいと思います。

育て方は人それぞれ、自分の子育てに自信を持って過ごしてほしいと思います。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 断乳とは

    ランキング発表!本当に効果のある妊娠線クリームは?

    口コミ・評判がいい妊娠線クリームランキング 出産後、ふとお腹を見たら妊娠線が・・・なんて方も多…
  2. 離乳食

    母乳育児から離乳食へのタイミングは?【母乳育児の悩み】

    離乳食へのステップアップはいつ? 母乳育児であれミルク育児であれ、いつかは離乳食(ベビーフード…
  3. 母乳育児メリット

    溜まり乳の卒乳・断乳時期は?

    溜まり乳の方は自然卒乳は難しい?? 母乳育児のお母さんが赤ちゃんに母乳を飲ませなくなることを卒…
  4. 赤ちゃん 吐く

    私の「出過ぎる母乳」の処理は・・・【体験ブログ】

    母乳をあげるということで母子のコミュニケーションにもなります。blog-020 私には2人の子…
  5. 横抱き

    9ヶ月の第一子の男の子を母乳育児中です!【体験ブログ】

    初めての赤ちゃん。母乳育児中です! いま現在、9ヶ月の第一子の男の子を育てています。 出…
ページ上部へ戻る