初乳

初めて出産した産婦人科は、ミルクで育てる病院でした。


しかし、私は母乳で育児をしたかったので、退院後必死で母乳育児に切り替えました。母乳で育てた方が、丈夫で強い子に育つと思ったからです。

妊娠前に、体の調子を整えていたために体力や健康には自信がありました。


赤ちゃんが乳首を吸うことで、おっぱいが張るようになってきました。

ミルクに比べると授乳の間隔は短く、どれくらい飲んでいるのかわからず悩みましたが、きちんと体重が増えていたので安心しました。


母乳育児の産婦人科


母乳育児の産婦人科での出産は、出産後すぐにカンガルーケアをしました。
生まれてすぐの赤ちゃんが、ママのおなかの上に寝かせておっぱいを吸わせるという行為です。


産んですぐなので、おっぱいは出ません。
しかし、おっぱいを口に含ませることでお互いに刺激されて、母乳育児が上手くいきます。


母乳育児の病院では、生まれてからはずっと赤ちゃんと一緒に過ごしました。

沐浴の時間以外は、母子同室で赤ちゃんが泣いたらおっぱいをあげることで授乳のリズムをつかんでいきました。


生まれて3日目くらいにおっぱいがパンパンに


赤ちゃんが乳首を吸うことで、どんどん母乳が作られていき、パンパンになっていきました。

リズムがつかめるようになると、おっぱいのハリも落ち着いていきます。


それまではおっぱいを冷やしたり飲ませたりしながら、赤ちゃんの体重の増え方を確認していきました。上の子で母乳育児ができているので、おっぱいのではよく困りませんでした。

しっかり飲んで夜も長めに寝てくれるので、母乳育児は楽だと思います。

右と左の大きさが違う



子供たちは、左側のおっぱいが好きでした。
右側は母乳が一定量以上作られると乳首からあふれてきました。

しかし、左側はあふれることなくどんどん大きくなっていきました。

そのため、左側の方がよく出て乳首が柔らかくなり、左を好むようになりました。私自身が赤ちゃんを抱っこしやすかったこともあります。

気が付くと、左側の方が大きなおっぱいになっていました。これは今でも変わりません。

アレルギーには注意


子供がアレルギーを持っている場合には、食事に気を付けなければなりません。

4番目の子は、牛乳と卵のアレルギーがあります。
体に湿疹ができやすい子だったのでおかしいなと思っていました。

離乳食が始まってからアレルギーに気が付き、私も牛乳と卵を控えるようにしたところ、湿疹ができなくなりました。

少量でも母乳にもアレルギー物質が含まれるためです。


母乳はとても大切だと改めて感じました。それからは、私自身の食べ物にも気を付けるようになりました。”

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 離乳食

    母乳育児から離乳食へのタイミングは?【母乳育児の悩み】

    離乳食へのステップアップはいつ? 母乳育児であれミルク育児であれ、いつかは離乳食(ベビーフード…
  2. 母乳育児 つらい

    子供3人を母乳で育てました。【体験ブログ】

    私には子供が3人居るのですが、みんな母乳で育てました。 1人目の子供の時は妊娠中から母乳が…
  3. 母乳育児メリット

    溜まり乳の卒乳・断乳時期は?

    溜まり乳の方は自然卒乳は難しい?? 母乳育児のお母さんが赤ちゃんに母乳を飲ませなくなることを卒…
  4. 炭酸ジュース 母乳

    炭酸ジュースはダメ?【授乳中&母乳にNGの飲料】

    赤ちゃんの発育に影響をおよぼす可能性がある炭酸ジュース 炭酸ジュースには、その他の飲料と比較し…
  5. 飲酒

    母乳育児中はお酒・アルコール等の飲酒は可能?

    母乳育児中に飲んでオッケー? 授乳中にアルコールを摂取するのは良くない、ということは授乳期のマ…
ページ上部へ戻る