粉ミルクから母乳へシフトチェンジしました。【体験ブログ】

子供が産まれる前までは、自分は当然、赤ちゃんが産まれれば、母乳がでるものだと思っていました。



そのため、粉ミルクも購入していないし、もちろん、哺乳ビンや、消毒液なんかも、全く準備していませんでした。


出産後、入院していたとき、粉ミルクと母乳の併用だったのですが、全く、おっぱいがはってきませんでした。
子供も、母乳を吸って、疲れ果ててしまったようで、粉ミルクをあげると、おいしそうに飲み干しました。


退院するときでも、やっぱりおっぱいははってこなかったので、病院から、そのまま、哺乳瓶と粉ミルク、ミルトンをあせって買いに行きました。

それでも、粉ミルクオンリーにしたくはなかったので、あきらめず、はじめは母乳を吸わせ、しばらくしたら、チェンジして粉ミルクをあげるようにしていきました。

はじめは、母乳がでているかどうかもわからず、病院のように、あげる前と後で、体重を計って知りたいとおもうほど、わかりませんでした。


そうこうして、悪戦苦闘しているうちに、2ヶ月ほどたつと、気が付いたときには、母乳をあげた後に、粉ミルクをあげると、飲もうとしませんでした。


そう、母乳が足りていたのです。それを気付いたときには、すごくうれしかったです。



それからというもの、粉ミルクを購入しなくてもよくなりました。
大変だったことと言えば、母乳なので、常に、離れることができません。


預けてどこかに行くなんて、もってのほかでした。


おまけに、寝るときは、添い寝をしながら、おっぱいを飲んで、いつのまにか寝るという変なくせがついてしまったもので、冬なんかは、パジャマがはだけて、とても寒い思いをしながら寝ないといけませんでした。
良かったことといえば、粉ミルクを買わずにすんだので、経済的に助かりました。


粉ミルクだと、ミルトンを買ったりするのも、結構かかります。それがなかっただけでも助かりました。


卒乳は、大変でした。1歳2ヶ月で、この日に、卒乳させよう!と決めて、急に、母乳をあげませんでした。
泣きさけび、大暴れして、私の心も張り裂けそうでしたが、がんばって、その日一日、あげませんでした。


そしたら、あきらめたのか、あっさりと、卒乳できました。


もりもりごはんも食べるようになって、きっぱりと卒乳できてよかったと思いました。


一生に1回のことなので、自分の子供には、できれば母乳で育てたいと思い、結果、良かったと思います。
自分の食事にも気をつかいました。自分の食べたものが、子供にもいくからです。


母乳で育てられて、とても満足しています。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児は薬が飲めないのが大変です。【体験ブログ】

    私は一年間母乳育児をしました。 母乳育児にしたいなと思ったのは、やはり、母乳育児の方が栄養価が…
  2. 母乳育児 飲ませ方

    母乳の飲ませ方・吸わせ方は?

    母乳の飲ませ方や吸わせ方にもいくつかのポイントがある 母乳育児を行ううえでは、母乳の飲ませ方や…
  3. 赤ちゃん 母乳 効果

    母乳の効果・効能は?

    母乳の効果・効能というのはたくさんあります。 最近では母乳育児が推奨されることが多く、生まれた…
  4. 母乳育児メリット

    溜まり乳の卒乳・断乳時期は?

    溜まり乳の方は自然卒乳は難しい?? 母乳育児のお母さんが赤ちゃんに母乳を飲ませなくなることを卒…
  5. 母乳が出ない

    母乳のつまり・出ない場合は?【母乳育児の悩み】

    つまりで母乳が出ない・・・そんな時どうすれば?? 母乳は赤ちゃんにとって最高に栄養のある食事で…
ページ上部へ戻る