私は一年間母乳育児をしました。


母乳育児にしたいなと思ったのは、やはり、母乳育児の方が栄養価が高いですし、変な話ですがミルク代も浮くし、全てにおいてプラスかなと思ったからです。

私の場合、母乳はかなり出ました。

助産師さんいわく、低血圧の人は母乳が出やすいらしいんです。

私は検診のたびに血圧をはかる時、本当にいつも低血圧だったので、それが母乳がよく出る原因?!だとしたら嬉しいですね。

血圧が低いと立ちくらみとかしょっちゅうなので、プラスに働くこともあるんだなと思いました。

母乳育児は順調だったのですが、常に同じところがしこりになってしまい、これは本当に大変でした。



右側の胸の外側なのですが、これは常に痛かったです。

母乳育児を途中でやめてしまいたい!とも思うほどでした。


寝ている時もそちら側に寝がえりとうつと、違和感と痛さで起きてしまうほどだったんです。辛かったですね。

ネットなどで、しこりができないようにする方法として、甘いものを食べないようにする、白米を食べ過ぎないように、モチ米は厳禁。


乳製品もダメということでした。

結構、好きなものばかりだったので、辛かったですが、食べたものは母乳にも成分として、いってしまうので気をつけました。

特に乳製品は赤ちゃんにとって負担になってしまうということだったので、母乳をあげていた時は食べるのをやめました。

そして、もう一つ大変だったのが、薬が飲めないことです!



これは本当に辛かったです。私は喉がすぐに痛くなってしまうので薬がかかせないんです。

しかも、喉の痛みは抗生物質でないと、なかなか治りません。育児をしていると、寝不足が続き免疫も下がってしまうのでいつもよりも頻繁に喉が痛くなっていました。


普段ならすぐに病院に行って、サクッと治していたのですが、それができない!

のど飴などをなめたり、病院でちょっと患部に薬を塗ってもらいながら、だましだまし過ごしていました。


咳がひどくなり、夜も眠れないぐらい辛いときもありました。

薬が飲めないってこんなに辛いものなのかー!!って発狂しそうになったこともあります。


しかし、母乳育児は癒される時間もあります。


それは、子供はそれは幸せそうにおっぱいをゴクゴク飲んでいるときですね。

本当に喉をならすようにして、「ゴックゴック」って聞こえるので、すごい生命力をかんじました。


どんなに泣いていても、おっぱいを近づければ、すぐに不安な顔が安心の顔に早変わり。この瞬間は本当に幸せでした。

2人目が産まれでても、大変ですが、迷わず母乳育児をしたいです。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳が出ない

    母乳のつまり・出ない場合は?【母乳育児の悩み】

    つまりで母乳が出ない・・・そんな時どうすれば?? 母乳は赤ちゃんにとって最高に栄養のある食事で…
  2. 母乳デメリット

    3人目は母乳とミルクで混合育児します。【体験ブログ】

    私は今まで2人の子供を完全母乳育児で育ててきました。 そして今3人目を妊娠中なのですが母乳育児…
  3. 飲酒

    母乳育児中はお酒・アルコール等の飲酒は可能?

    母乳育児中に飲んでオッケー? 授乳中にアルコールを摂取するのは良くない、ということは授乳期のマ…
  4. 断乳とは

    ランキング発表!本当に効果のある妊娠線クリームは?

    口コミ・評判がいい妊娠線クリームランキング 出産後、ふとお腹を見たら妊娠線が・・・なんて方も多…
  5. 母乳育児とミルク育児

    溜まり乳と差し乳の見分け方は?私はどっち?

    おっぱいには溜まり乳と差し乳2つのタイプ 溜まり乳とはおっぱいの中に常に母乳が溜まっている…
ページ上部へ戻る