乳腺炎 対処法 治療

もし乳腺炎になってしまったら?


乳腺炎は乳腺のつまりによって激しい痛みや発熱を伴うことが多く、一度でもかかった人は「もう二度となりたくない」と思うことでしょう。
しかし母乳育児をしている限りは、特に3か月くらいまでの間は乳腺炎をはじめとするおっぱいのトラブルに見舞われることが多いものです。


もし乳腺炎になってしまったら、その時はどのように対処するべきなのでしょうか?

最初に発生する「うつ乳」って?



多くの人は本格的な乳腺炎になる前に、「うつ乳」という状態になります。
これは乳管が詰まることで母乳がおっぱいの中に溜まって、痛みのあるしこりができる状態のことを言います。


この場合は頻繁な授乳を続け、食事にも気をつけることで自然と治ることが多く、乳管の詰まりがとれれば症状は改善されます。


また痛みのない程度のマッサージをしたり、痛みのある部分を冷やすのも症状を早く改善するうえで効果的です。
しかしこの状態が長く続いてしまうと本格的な乳腺炎になってしまいます。


本格的な乳腺炎になってしまったら?


まずは授乳を続けながら病院で相談することが大切です。
お産をした病院にかかるのが一番良いですが、里帰り出産などで同じ病院にかかることができない場合は別の病院でも構いません。


母乳育児についての知識が豊富な乳腺外科にかかるのが一番良いでしょう。
そこで乳腺炎と診断された場合は症状に応じて解熱鎮痛剤や抗生剤といった薬が処方され、時に授乳を中断するように言われることもあるかもしれません。


しかし乳腺炎を改善する一番の方法はやはり授乳であるため、授乳しても差し支えない薬を処方してもらえないかどうか医師と相談することが大切です。
それでも母乳を飲ませるうえで薬を服用することに抵抗があるという場合には、薬を服用するタイミングに気をつけるとよいでしょう。


例えば授乳直後に薬を服用して次の授乳までに時間を空けることで、母乳に移行する薬の量を少なくすることができます。
本格的な乳腺炎になってもマッサージは効果的ですが、自分ではなかなかうまくマッサージすることは難しいと思います。


下手をすると症状が悪化して重度の乳腺炎に移行してしまうこともあるため、マッサージを希望する場合には助産師によるマッサージを受けることが大切です。




関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 飲酒

    母乳育児中はお酒・アルコール等の飲酒は可能?

    母乳育児中に飲んでオッケー? 授乳中にアルコールを摂取するのは良くない、ということは授乳期のマ…
  2. 母乳が出ない

    乳腺炎で激痛。おっぱいマッサージで治療しました。【体験ブログ】

    出産は「鼻からスイカを出すほど痛い!」と出産前に職場の先輩ママ達からよく聞かされていました。 …
  3. 乳児教育

    超重要。幼児教育が天才教育に必要な理由とは?【乳児教育】

    0才から幼児教育を始めるか迷ってませんか? 天才を育てたい・・・じゃなくても子供の将来のために…
  4. 麦茶 母乳

    麦茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    麦茶を飲めば血行を促進する効果が期待できます 麦茶は、大麦の種子を煎じて作られており、その歴史…
  5. 天才を育てる子供部屋

    0歳児教育で大切なこと。今から始める幼児教育。

    母親とのスキンシップが重要な0歳児の幼児教育 生まれて間もない、母乳育児をしている0歳児の時期…
ページ上部へ戻る