母乳育児中にコーヒーは飲んでいいの?


飲酒や喫煙以外に母乳育児中にあまり摂取が望ましくないものとしてはカフェインが挙げられます。
カフェインはコーヒーや紅茶、緑茶などに多く含まれていることは有名ですが、そのほかココアやコーラ、ウーロン茶、チョコレートなどにも多く含まれています。

母乳中に移行するカフェインの量はお母さんが摂取したカフェインのうちの1%ほどがであるため、赤ちゃんへの大きな影響はないとされています
カフェインには脳を刺激する作用があることから、大人でも眠気覚ましにコーヒーや栄養ドリンクを飲むことは良くあります。

カフェインの取りすぎはNG


しかし赤ちゃんはカフェインに対する感受性が高く、機嫌が悪く興奮状態になったり寝つきが悪くなる、夜泣きするといった状態を引き起こすことは事実です。
そのためもし赤ちゃんにこうした様子が見られる場合には、カフェインの摂り過ぎになっていないかどうかを見直してみる必要があります。

例えばコーヒーの場合1日に2~3杯程度なら問題ないと言われていますが、赤ちゃんへの影響が気になる場合は授乳後に飲むようにするなどしてできるだけ赤ちゃんへの影響を避けるよう工夫するとよいでしょう。
赤ちゃんの体内にカフェインが入ってしまった場合、赤ちゃんがカフェインを十分に消化するまでに3日もの時間がかかるとされています

それだけ赤ちゃんの体にとってカフェインは負担の大きい成分であると言えるでしょう。

カフェイン&喫煙は絶対に辞めましょう。


またカフェインの過剰摂取に加え喫煙などの条件が加わることで、乳児突然死症候群の危険性が非常に高くなることも分かっています。
そのためお母さんは母乳育児中にカフェインを多量に摂取しないよう気をつけることが大切です。


最近ではカフェインレスのコーヒーも多く販売されていますので、母乳育児中はカフェインレスのコーヒーを飲むようにするよう心掛けるとよいでしょう。
このようにカフェインは適量であれば母乳育児中でも無理にやめる必要はありません


むしろ赤ちゃんに良くないからと我慢していると、それがストレスになってしまい育児に悪影響があります。
適量を守りつつカフェインレスのものを飲む、授乳後に飲むようにするなど母乳育児の中に上手に取り入れていくとよいでしょう。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 麦茶 母乳

    麦茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    麦茶を飲めば血行を促進する効果が期待できます 麦茶は、大麦の種子を煎じて作られており、その歴史…
  2. 炭酸ジュース 母乳

    炭酸ジュースはダメ?【授乳中&母乳にNGの飲料】

    赤ちゃんの発育に影響をおよぼす可能性がある炭酸ジュース 炭酸ジュースには、その他の飲料と比較し…
  3. 母乳育児とミルク育児

    溜まり乳と差し乳の見分け方は?私はどっち?

    おっぱいには溜まり乳と差し乳2つのタイプ 溜まり乳とはおっぱいの中に常に母乳が溜まっている…
  4. 保存 母乳

    母乳の味が甘い場合・苦い場合はどうするの?

    あなたの母乳は甘い?苦い? 母乳というのはお母さんの食べたものによって味がその都度変化します。…
  5. 出生から卒乳まで、完全母乳で育てました。【体験ブログ】

    出なくて困ったという体験は一度もありませんでした。 ありがたいことに、出産後2日目にして母乳が…
ページ上部へ戻る