断乳とは?どんな方法・時期はいつごろ?

断乳とは

親の都合などで授乳をやめることを断乳と言います。


母乳育児で子育てをしているお母さんにとって、卒乳の時期や方法というのはとても悩むことの一つではないでしょうか。
離乳食が進み食事から栄養が十分に摂取できるようになれば、基本的に母乳を飲む必要はなくなります。


しかしこれはあくまで栄養面について言えることであり、母乳をあげることには親子間のスキンシップの方法としての意味合いもあります。
そのため母乳をあげることは、お母さんと赤ちゃんの両方にとって単純にやめられないことなのだと言えます。


断乳より卒乳の方がベターだけど・・・


そもそも卒乳とは子どものほうから自然とおっぱいを欲しがらなくなることを言い、親の都合などで授乳をやめることを断乳と言います。
どのお母さんも親の判断でおっぱいをやめる「断乳」ではなく、子どもが自然とおっぱいを欲しがらなくなる「卒乳」で授乳を終えたいと思っています。


しかし現実には、お母さん自身が仕事復帰のために授乳をやめなくてはならなかったり、次の赤ちゃんを妊娠したからなどの理由でやめることが多いようです。
一般的に卒乳する時期の目安は1歳半から2歳くらいと言われています。


「離乳食を3食しっかり食べるようになったら」「1歳を過ぎるとおっぱいへの執着も強くなるためその前に卒乳したほうがよい」など、昔からいろいろな目安があるようです。
しかしこれらはあくまでも目安であり、実際には3歳を過ぎてもおっぱいを飲んでいるという子もたくさんいます。


「子どもが欲しがる間は吸わせてあげる」


おっぱいを飲むことにより食事の量が進まないようであれば問題ですが、食事もしっかりととれていて体も問題なく成長しているようであれば吸わせていても何ら問題はないと言われています。
現在は昔に比べると、「子どもが欲しがる間は吸わせてあげる」という考え方が広まっていると言えます。
とはいえお母さん自身が授乳を苦痛に感じているような時には、その時期がやめ時なのかもしれません。

やめようという時期が決まったら


やめようという時期が決まったら、3日間ほど絶対に授乳をしない日というのを決めましょう
赤ちゃんは3日ほどするとおっぱいのことを忘れてしまうことが多いようです。
この3日間は、お母さんも赤ちゃんも体調の良い時を選ぶようにしましょう。


また授乳をしない日は当然ながら赤ちゃんはぐずったり機嫌も悪くなるため、お母さん1人ではとても大変です。
外出しておっぱいのことを忘れて気分転換してもらうなど、他の家族にも協力してもらうことが大切です。


お母さんも急に授乳をさせなくなるとおっぱいが張って乳腺炎などのトラブルを起こすことがあるため注意が必要です。
張った時は搾乳して圧抜きをしたり、高カロリーや高脂肪分の食事は避けるなど食生活にも気をつけることが大切です。

このように卒乳の時期というのは人それぞれですから、あまり目安にとらわれたり周りに流されないようにしましょう。
どんな子どもでもいつかはおっぱいを飲まなくなりますから、子どもの成長に合わせることが大切だと言えます。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児は薬が飲めないのが大変です。【体験ブログ】

    私は一年間母乳育児をしました。 母乳育児にしたいなと思ったのは、やはり、母乳育児の方が栄養価が…
  2. 私の母乳育児で起こったアレコレ大変な事。【体験ブログ】

    今は混合で7ヶ月になり、離乳食も2回食になりました。 私が妊娠した時、まだ結婚もしておらず、広…
  3. 母乳育児_ブログ

    出産、そして初乳まで。【Aさんの体験談:第1話】

    現在5歳と3歳の姉妹の先輩ママ「Aさん」の母乳育児体験記 元幼稚園教諭、四人兄弟の長女という母…
  4. 横抱き

    9ヶ月の第一子の男の子を母乳育児中です!【体験ブログ】

    初めての赤ちゃん。母乳育児中です! いま現在、9ヶ月の第一子の男の子を育てています。 出…
  5. 母乳育児 飲ませ方

    母乳の飲ませ方・吸わせ方は?

    母乳の飲ませ方や吸わせ方にもいくつかのポイントがある 母乳育児を行ううえでは、母乳の飲ませ方や…
ページ上部へ戻る