母乳が出すぎるときは?3つの対処法【母乳育児の悩み】

母乳育児 コツ

母乳が出過ぎて困ってる方必見!


母乳育児において母乳が出なくて悩んでいる母乳不足については知っている人も多いと思いますが、実は母乳が出すぎて悩んでいる母乳分泌過多で悩んでいるという人も少なくありません。
母乳が出ない人にしてみればうらやましい限りでしょうが、出すぎるというのも意外と深刻な悩みをもたらします。


赤ちゃんが新生児期の頃は特に赤ちゃんの飲める量も少ないため、母乳が余ってしまうという状態が起こりやすくなります。


しかしそのうち赤ちゃんがたくさん飲めるようになると母乳が余ることもなくなりますが、中には月齢が進んでも母乳が余る状態が続くこともあります。
このように母乳が出すぎる時の基本的な対処法としては次のようなことが挙げられます。

1.【授乳後に搾乳しすぎない】


育児書によっては「飲み残した母乳は搾りきるほうがよい」という意味合いのことが書かれていることも多いと思いますが、母乳というのは搾れば搾るほど出るようになります。
そのため授乳後に必要以上に搾乳してしまうと「まだ母乳が必要なんだ」と体が錯覚を起こし、さらに母乳を作り出そうとしてしまいます。

その結果母乳分泌過多になってしまうのです。


ある程度はおっぱいが張った状態にしておくほうが母乳分泌過多を抑えることができます。
また搾るときもおっぱいをしごくように搾るのではなく、乳輪の周りを内側に押すように少しずつ搾乳すること(圧抜きする程度)が大切です。

おっぱいごとしごくように搾ると、乳腺を痛めたり余計におっぱいが張ってしまう可能性があります。


2.【冷却する】


母乳が出ない人は温めますが、出すぎる人は反対に冷やすというのが鉄則だと言われています。
アイスノンなどで冷やすこともできますが、あまり急激に冷やすのは逆効果です。

おしぼりなどを使って少しずつ冷やすことが大切です。

3.【食事に気をつける】


母乳分泌過多の場合は同時に乳腺炎にもなりやすいです。
そのため脂っこい高カロリーな食事や甘いお菓子類などはなるべく食べないようにすることが大切です。

また炭水化物でも、もち米やお餅は母乳の分泌を促進してしまうためなるべく控えたほうがよいでしょう。
水分も摂り過ぎは禁物ですが、麦茶や水など甘味のないものであればある程度は構いません。


またハーブティーの中には母乳の分泌を抑えてくれる効果のあるものもあります。
例えばセージ茶やペパーミントティーが母乳の分泌を抑えてくれるとして良く知られています。


関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児 つらい

    ミルクを併用し、メインは母乳でした。【体験ブログ】

    経済的にも母乳の方が助かりました。 1年前に初めての子どもを出産しました。 私の場合、産む前…
  2. ほほえみママミルクブレンド 効果 効能

    ほほえみママミルクブレンドとは?効果・効能は?

    母乳育児のために開発されたオーガニックハーブティー ほほえみママミルク…
  3. 母乳育児は薬が飲めないのが大変です。【体験ブログ】

    私は一年間母乳育児をしました。 母乳育児にしたいなと思ったのは、やはり、母乳育児の方が栄養価が…
  4. ごぼう茶 母乳

    ごぼう茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    乳腺炎を予防したり、母乳の出が良くなるごぼう茶 ごぼうは、根菜の代表的な存在であり、このごぼう…
  5. 母乳が出ない

    乳腺炎で激痛。おっぱいマッサージで治療しました。【体験ブログ】

    出産は「鼻からスイカを出すほど痛い!」と出産前に職場の先輩ママ達からよく聞かされていました。 …
ページ上部へ戻る