おっぱいに関するトラブルや悩みを診てくれる母乳外来


一昔前まではミルク育児が推奨されることも多かったのですが、最近は母乳の持つ素晴らしさから母乳育児が推奨されることも多くなりました。
母乳は赤ちゃんにとって完全栄養食品であり、授乳することでお母さんとのスキンシップをはかることができるなど、赤ちゃんにとってプラスになることがたくさんあります。

しかし一方でお母さんは母乳に関するトラブルを抱えることがよくあります。
母乳にトラブルを抱えるお母さんの中には、母乳育児が推奨されるという社会的な風潮からノイローゼやうつ状態になってしまうことも少なくありません。

おっぱいに関することなら何でも診てもらえる母乳外来


例えば母乳が思うように出ないというお母さんは、そのために「母乳が出ないなんて母親失格だ」と自分を責めてしまうこともあるでしょう。
また赤ちゃんが上手におっぱいを吸ってくれないという場合には、「どうして吸ってくれないの?」とイライラしてしまうこともあると思います。


母乳外来とは、こうしたおっぱいに関するトラブルや悩みを診てくれる専門の場所です。
その他にも母乳が出すぎる、乳首に傷ができて思うように授乳ができない、乳腺炎になった、断乳・卒乳をしたいなど、おっぱいに関することなら何でも診てもらうことができます


たとえ特別な母乳トラブルがなくても、母乳育児に関する悩みを相談することもできます。
最近では病院に母乳外来が併設されていることが多く、産後の母乳トラブルだけでなく出産前からおっぱいマッサージを受けられるなど母乳外来を利用できるところも増えてきています。


出産した病院に母乳外来があればそこを利用するのが一番ですが、出産した病院に母乳外来が併設されていない場合は別の病院でも診てもらうことは可能です。
また病院以外にも助産師さんのいるところであれば相談を受け付けてくれたり、時には出張マッサージをしてもらうこともできます。

ただし大半は予約制であり、あらかじめ電話等で予約をしておく必要があります。
赤ちゃんがうまくおっぱいを吸えないなどのトラブルがあるときには赤ちゃんも一緒に連れていく必要があるため、なるべく通いやすい場所を選ぶことも大切です。

母乳外来の費用・医療費控除は?


費用については病院や施設によってまちまちですが、出産した病院であれば産後1週間は無料で受けられるなど特典が付いていることもあります。
しかし1回マッサージを受けると2000~4000円ほどの費用が掛かるため、何度も母乳外来をしていれば金額がかなりかさむものです。

通常医療費というのは年間で10万円以上かかった場合、医療費控除をうけることができある程度の金額が還付されますが、母乳外来の場合この医療費控除は適用されるのでしょうか?

結論から言えば母乳外来でかかった費用も医療費控除が受けられます
ただしこれはあくまでも乳腺炎などおっぱいのトラブルを解消するためにマッサージなどを受けた場合に限られるようです。


つまり乳腺炎などのトラブルを治療するために必要であると、医師が認めている場合には認められるということです。
しかし場合によっては医療費として認められないことも少なくないため、医療費控除がうけられるかどうかは一度税務署で相談してみる必要があります。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児とミルク育児

    約11カ月間の完全母乳育児で長男を育てました。【体験ブログ】

    出産前の時点では出来るだけ母乳育児をして行こうと思っていました。 私が出産した病院は「母乳育児…
  2. 私の母乳育児で起こったアレコレ大変な事。【体験ブログ】

    今は混合で7ヶ月になり、離乳食も2回食になりました。 私が妊娠した時、まだ結婚もしておらず、広…
  3. 麦茶 母乳

    麦茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    麦茶を飲めば血行を促進する効果が期待できます 麦茶は、大麦の種子を煎じて作られており、その歴史…
  4. 母乳育児 つらい

    子供3人を母乳で育てました。【体験ブログ】

    私には子供が3人居るのですが、みんな母乳で育てました。 1人目の子供の時は妊娠中から母乳が…
  5. ほほえみママブレンド 飲み方

    ほほえみママミルクブレンドのおすすめの飲み方は?

    【実際に飲んでみました♪】おすすめの飲み方は? 完全母乳育児を目指しているママさんたちはかなり…
ページ上部へ戻る