赤ちゃん 吐く

吐き戻し?・・・どうしたらいい?


赤ちゃんが成長するために毎日の母乳やミルクは欠かせません。
しかしせっかく飲ませた母乳やミルクを吐いてしまったり、なかなか飲み込んでくれないということも少なくありません。

これを「吐き戻し」と言い、特に新生児期の赤ちゃんにはよく起こる現象ですが、育児が初めてのお母さんにとってはとても不安で心配な要素であることは間違いありません。

吐き戻しの原因は。


赤ちゃんが吐き戻しをしてしまう原因は、授乳時に母乳やミルクを一緒に空気を飲み込んでしまうことにあります。
大人でも空気をたくさん飲みこむとゲップが多くなったり吐き気をもよおすことはありますが、それと同じことが赤ちゃんにも起こっているのです。


通常大人の場合、胃の入り口というのは食べものや飲み物が入ってくる時以外は締まっていて形も曲がっているのですが、赤ちゃんはそうではありません。
赤ちゃんの胃は真っ直ぐな形をしており、少しでも胃の容量が増えたり胃の中にたくさんのものが入ってくるだけで刺激され、吐きやすくなってしまいます。

生後3か月を過ぎる頃になれば胃の形が安定し腹筋もついてくるため、吐き戻すことも少なくなってきます。
では母乳やミルクを吐かないようにするためにはどうしたらよいのでしょうか。


母乳・ミルクを吐いてしまう時の対処法


まず大切なことは、授乳後すぐには寝かさないということです。
授乳後すぐに寝かせてしまうと、胃の中の母乳やミルクが逆流して吐きやすくなってしまいます。


そのため授乳後は少しの間抱きかかえて時間をおき、母乳やミルクが胃にきちんと流れ込み消化できるよう手助けをしてあげることが大切です。
また授乳時の赤ちゃんの体勢によっては空気を飲み込みやすくなっていることもあるかもしれません。


例えば哺乳瓶であれば、赤ちゃんの口に対して90度の角度からミルクを飲ませてあげるのが理想的だと言われているため、一度飲み方を見直してみるとよいでしょう。
一度に大量の母乳やミルクを飲ませることも、吐いてしまう原因となります。

赤ちゃんの様子を注意深く観察しましょう


母乳の場合は飲んでいる量が正確にわからないため飲みすぎているかどうかなかなかわかりにくいとは思いますが、赤ちゃんの様子を注意深く観察して必要以上にあげすぎないようにしましょう
ミルクの場合は哺乳瓶の乳首の大きさを変えることで、赤ちゃんが一気に飲まないよう調節することができます。


授乳後はゲップをさせるように言われることも多いですが、授乳後すぐに赤ちゃんの体勢を変えて無理やりゲップさせるのは逆効果です。
急に体勢を変えられることで、それが刺激となり余計に吐きやすくなってしまうからです。


必要以上に背中を叩いたりしなくても赤ちゃんが自然にゲップをするまで待っていても問題はありません。
ただし勢いよく母乳やミルクを吐いたり、吐いた後苦しい様子・機嫌が悪い様子であれば病気の可能性も考えられるため、早めに病院を受診することをお勧めします

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 赤ちゃん 母乳 効果

    母乳の効果・効能は?

    母乳の効果・効能というのはたくさんあります。 最近では母乳育児が推奨されることが多く、生まれた…
  2. 完全母乳育児

    完全母乳育児とは?

    粉ミルクに頼ることなく赤ちゃんを育てる完全母乳育児 母乳育児とは、その名の通り母乳を飲ませて赤…
  3. 離乳食

    母乳育児から離乳食へのタイミングは?【母乳育児の悩み】

    離乳食へのステップアップはいつ? 母乳育児であれミルク育児であれ、いつかは離乳食(ベビーフード…
  4. 母乳育児食事

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…
  5. フットボール抱き

    卒乳をする日まで完全母乳。おすすめは・・・【体験ブログ】

    私が出産した産院では、母乳推進でした。 、妊娠中からおっぱいマッサージをして産後しっかりおっぱ…
ページ上部へ戻る