混合授乳

おススメは母乳&ミルクの併用育児・保育


最近では母乳育児で赤ちゃんを育てている人も多くなってきました。
こうした母乳育児をしている人の中には「もう母乳育児が十分できているからミルクはいらない」と考えている人も少なくないと思います。

しかし実際には母乳育児が成功したからといっても全くミルクが不要になることはありません。

何らかのきっかけで母乳の出が悪くなってしまったり、お母さん自身が病気を患って薬を服用しなくてはならなくなり授乳ができなくなることもあるかもしれません。
そんな状況になってしまった時、母乳だけに頼っていては赤ちゃんは栄養を取り入れる術がなくなってしまいます。


つまり、母乳育児を基盤とした育児を行うことはよい事ではありますが、こだわりすぎることは危険も伴うということです。
こうした危険を避けるためには母乳育児を基盤にしつつ、少量のミルクを併用した混合授乳の育児を行うのがお勧めです。


楽な気持ちで育児に取り組むことができる併用育児


母乳育児とミルク育児を併用することは「母乳が出ない」といったお母さん自身のストレスを軽減してくれるため、より楽な気持ちで育児に取り組むことができるようになります。

混合授乳には、母乳を飲ませて足りない分をミルクで補うという方法と母乳だけの授乳とミルクだけの授乳を交互に繰り返すという方法の2通りがありますが、お勧めなのは前者の方法です。
母乳は吸わせることで作られるものであり、後者のように吸わせない時間を長く作ってしまうとそのぶん母乳の出は悪くなってしまいます。

混合授乳のコツは?


ミルクを飲ませる前には必ずおっぱいを吸わせるということが大切です。
そのうえで足りない分はミルクをあげるという方法をとれば、母乳の出もそのうち赤ちゃんにとって十分な量が出るほどになりますし、いざという時赤ちゃんもミルクを嫌がって飲まないということもなくなるはずです。

このように母乳育児とミルク育児を併用することは、お母さんにとっても赤ちゃんにとってもメリットがたくさんあります。
ミルクは良くないからと母乳育児にこだわりすぎたり、反対に母乳があまり出ないからとミルク育児に切り替えてしまうのではなく、両方をうまく取り入れて育児をすることが大切です。



関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. ルイボスティー 効果 母乳

    ルイボスティーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    母乳の質が向上するルイボスティー ルイボスティーとは、「ルイボス」というマメ科の植物の葉を乾燥…
  2. 噛む 乳首

    乳首を噛むときはどうすればよい?原因と対処法は?

    乳首を噛まれて痛い! 原因は? 母乳育児をしていると乳腺炎などおっぱいのトラブルが起こることが…
  3. 麦茶 母乳

    麦茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    麦茶を飲めば血行を促進する効果が期待できます 麦茶は、大麦の種子を煎じて作られており、その歴史…
  4. 母乳 授乳中 おすすめ 飲み物

    母乳&授乳中に良い飲み物一覧【まとめ】

    赤ちゃんの身体・血液になる飲み物は母乳にとって超重要! 母乳育児する方は、1日に何度も授乳しま…
  5. カフェインレスコーヒー

    カフェインレスコーヒーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    カフェインが赤ちゃんに悪影響を与える カフェインレスコーヒーとは、特別な手法によってコーヒーの…
ページ上部へ戻る