少しの細菌でも大事に至ることも・・・


哺乳瓶は使用した後すぐに水につけたり洗う必要があります。
なぜならそのままにしておくとミルクが哺乳瓶や乳首にこびりついてしまい落ちにくくなり、雑菌が繁殖しやすくなってしまうからです。
赤ちゃんは大人に比べると免疫力が低く、少しの細菌でも大事に至ることも少なくありません。

哺乳瓶専用の洗剤で洗うようにしましょう



まず哺乳瓶を洗う時には、哺乳瓶専用の洗剤で洗うようにします。
普通の食器洗い用の洗剤でももちろん洗うことはできますが、専用のものは野菜も洗えるほど低刺激で口に入れても安全な成分でできているため、より安心でしょう。

哺乳瓶を洗う専用のブラシやスポンジを使って哺乳瓶や乳首の細かい部分まで丁寧に洗いましょう。
特に乳首の部分は先端の小さな穴にミルクのカスがたまりやすいため、入念に洗いましょう。

また専用のブラシやスポンジも、使用後はきちんと洗って乾燥させておくことが大切です。

洗った後は消毒がとっても大事


哺乳瓶や乳首を洗剤で洗った後は消毒をする必要があります。
消毒の方法としては、煮沸消毒のほか消毒液を使った消毒法、電子レンジによる消毒法などがあります。


中でも煮沸消毒は昔から一般的に広く行われていた消毒法で、特別な薬剤や道具がなくても簡単に行うことができます。
煮沸消毒の方法ですが、洗剤できれいに洗った哺乳瓶と乳首を消毒用の大きな鍋に入れます。

そして哺乳瓶が隠れるくらいの水を入れてから火にかけます。

お湯が沸騰したら10分間そのまま煮沸しますが、乳首はシリコン製で熱に弱いため3分ほどで外に出すようにしましょう

10分間煮沸したら哺乳瓶バサミを使って哺乳瓶を取り出し、哺乳瓶ケースなどにしまっておきます。
たったのこれだけで煮沸消毒はOKです。
ただし鍋のお湯が沸くまで時間がかかることと光熱費はかかることは頭に入れておきましょう。



赤ちゃんの免疫力には個人差もあるため、哺乳瓶の消毒をいつまで続けなくてはいけないかというはっきりとした基準はありません。
おしゃぶりを始めたりいろいろなものを口に入れ始めるようになって下痢などの症状がないのであれば、哺乳瓶の消毒もやめてよい時期だといえるでしょう

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 離乳食

    母乳育児から離乳食へのタイミングは?【母乳育児の悩み】

    離乳食へのステップアップはいつ? 母乳育児であれミルク育児であれ、いつかは離乳食(ベビーフード…
  2. たんぽぽ茶 母乳

    たんぽぽ茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    たんぽぽ茶には乳腺炎の予防効果もあります。 たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根を乾燥させて焙煎したお…
  3. 母乳育児 飲ませ方

    母乳の飲ませ方・吸わせ方は?

    母乳の飲ませ方や吸わせ方にもいくつかのポイントがある 母乳育児を行ううえでは、母乳の飲ませ方や…
  4. 母乳育児 つらい

    子供3人を母乳で育てました。【体験ブログ】

    私には子供が3人居るのですが、みんな母乳で育てました。 1人目の子供の時は妊娠中から母乳が…
  5. フットボール抱き

    フットボール抱きの正しい方法は?【授乳の抱き方】

    フットボール抱きとは? 赤ちゃんに母乳を飲ませる時の抱き方には縦抱きや横抱きなどいろいろな方法…
ページ上部へ戻る