卒乳とは?どんな方法・時期はいつ?

おっぱいはいつまで・・・卒乳時期はいつ頃?


母乳育児をしている場合、いつの日か必ず赤ちゃんに母乳を飲ませない時期がくるわけですが、その時期や方法について悩みを抱えることも少なくないようです。
そもそも卒乳とは、子どもが自然とおっぱいを欲しがらなくなることを言います。


これに対し親の都合で無理におっぱいをやめることは「断乳」と呼ばれていますが、少し前まではどちらも断乳と呼ばれていたようです。
最近では「赤ちゃんが自然と卒業していくもの」という考え方が浸透していることから、このように分けて呼ばれるようになりました。

卒乳時期は子どもの身体と心が成長した時


卒乳は子どもの身体と心が成長した時に自然とできてくるものです。
そのため個人差があり、いつごろまでに卒乳をしなくてはいけないという決まりはありません。


どんな子どもでもいつかはおっぱいを飲まなくなるわけですから、「周りの子はもうおっぱいをやめているのに、うちの子はまだ・・・」などと焦る必要は全くありません。
とはいえ、仕事に復帰するなどやむを得ない事情から卒乳を迫られることもあるでしょう。

計画的に卒乳を進めたい場合は、まずは赤ちゃんの心と体の成長に合わせることがとても大切です。

おすすめの卒乳方法


昔はおっぱいにからしを塗るなど強制的におっぱいをやめさせる方法もありましたが、これは赤ちゃんの心に傷を与えてしまうこともあるためお勧めできません
一般的に卒乳の時期は離乳食が完了して幼児食に切り替わる1歳半ごろが目安だと言われています。

ただし先にも述べたように卒乳の時期は人それぞれですから、3歳ごろになってもおっぱいを飲んでいる子もたくさんいます。
おっぱいを飲むことで離乳食が進まなかったり体の発育が悪いなどの問題があれば当然やめさせたほうがよいですが、そうでなければおっぱいを飲ませていても何ら問題はありません。


子どもがおっぱいを飲みたがるのは単にお腹がすいたからという理由ではなく、お母さんとのスキンシップやコミュニケーションを求めて飲みたがっていることもあります。
ですので子どもの気持ちを尊重し、吸わせてあげることはとても大切なのです。

時期を決めて卒乳したい場合は・・・


もしも仕事の都合などで時期を決めて卒乳したい場合でも、子どもの気持ちを大切にしながら進めていくことが大切です。
突然「今日からおっぱいは飲めないよ!」といったところで、子どもは不安になってしまうだけです。


子ども自身に、おっぱいをあげなくてもお母さんの愛情は変わらないということと、おっぱいがなくても十分育っていけるのだということを伝えてあげましょう。
計画的に卒乳をするうえでは次のポイントが満たされていることも重要です。


・1日3回きちんと食事がとれる
・お茶など母乳やミルク以外の水分をマグカップなどで飲むことができる


またあらかじめもうすぐおっぱいをやめるのだということを伝えていくことも大切です。
たとえ言葉が離せない赤ちゃんでも1歳を過ぎる頃にもなればお母さんの言っていることが大体理解できるようになります。

このように卒乳は焦ったり周りに流されることなく、に子どもの気持ちを最優先にして行うことがとても大切です。
卒乳しても子どもの心と体に十分な栄養を届けてあげられるよう、しっかりと愛情表現をしてあげてください。




関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児は薬が飲めないのが大変です。【体験ブログ】

    私は一年間母乳育児をしました。 母乳育児にしたいなと思ったのは、やはり、母乳育児の方が栄養価が…
  2. 母乳育児メリット

    溜まり乳の卒乳・断乳時期は?

    溜まり乳の方は自然卒乳は難しい?? 母乳育児のお母さんが赤ちゃんに母乳を飲ませなくなることを卒…
  3. 粉ミルクから母乳へシフトチェンジしました。【体験ブログ】

    子供が産まれる前までは、自分は当然、赤ちゃんが産まれれば、母乳がでるものだと思っていました。 …
  4. 麦茶 母乳

    麦茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    麦茶を飲めば血行を促進する効果が期待できます 麦茶は、大麦の種子を煎じて作られており、その歴史…
  5. ほほえみママミルクブレンド 効果 効能

    ほほえみママミルクブレンドとは?効果・効能は?

    母乳育児のために開発されたオーガニックハーブティー ほほえみママミルク…
ページ上部へ戻る