失敗しない授乳服の選び方とは?先輩ママのおすすめは?

授乳服

母乳育児においては授乳服があると大変便利


「授乳なんてほんの少しの間だからわざわざ買うのはもったいない」と思っている人もいるでしょう。
しかし母乳育児において授乳する回数というのは意外と多いものです。


特に初めの1~2か月は2時間もしないうちに授乳が必要だったりします。
昼間や暑い夏の時期ならまだよいでしょうが、これが夜間や冬の時期でも同じように続くわけですから、その度にお母さんがいちいち洋服を脱いでいてはお母さんが冷えて風邪を引いてしまうことにもなりかねません。
冷えによるストレスは母乳の分泌を抑制させます。

そのため赤ちゃんに十分は母乳を与えるためにもお母さんの体を冷やすことなく手軽に授乳ができる授乳服を身につけることが大切です。
授乳服によっては授乳中だけでなく、授乳が終わっても十分着まわすことができる洋服もありますので購入しても損はないはずです。



肩ひもが外せるチューブトップ


例えば肩ひもが外せるチューブトップは大変重宝します。
授乳が終わっても使えますし、授乳の際にはチューブトップを少し下にずらすだけでおっぱいを出すことができます。


またチャック付きの授乳服もあります。
胸のあたりにチャックがついているので、チャックを下すだけで簡単に授乳ができます。

チャックも目立たないようにつくられているため、パッと見ただけでは授乳服とはわからないほどです。
胸元がVネックになって、その空いた部分三角の布がついているタイプの授乳服も人気があります。


やはり授乳とはいえ大きく胸が見えてしまうのは嫌なものです。
Vネックタイプの授乳服であれば、この三角の布が授乳ケープのような役割を果たしてくれるため赤ちゃんの口元が隠れ胸元も隠すことができます。

その他にもいろいろなタイプの授乳服が最近では販売されています。
実際に店舗で購入するもよし、ネット通販を利用するのも良いでしょう。


購入を迷っている人は、一度自分にぴったりのものを探してみることをお勧めします。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児 飲ませ方

    母乳の飲ませ方・吸わせ方は?

    母乳の飲ませ方や吸わせ方にもいくつかのポイントがある 母乳育児を行ううえでは、母乳の飲ませ方や…
  2. ダメな食材

    母乳育児の食事でダメなものは?NG食材は4種類!

    母乳の出を悪くしたり、母乳をまずくしてしまう食べ物は? 母乳はお母さんが食べたり飲んだりし…
  3. 横抱き

    9ヶ月の第一子の男の子を母乳育児中です!【体験ブログ】

    初めての赤ちゃん。母乳育児中です! いま現在、9ヶ月の第一子の男の子を育てています。 出…
  4. 母乳育児_ブログ

    出産、そして初乳まで。【Aさんの体験談:第1話】

    現在5歳と3歳の姉妹の先輩ママ「Aさん」の母乳育児体験記 元幼稚園教諭、四人兄弟の長女という母…
  5. 母乳育児メリット

    溜まり乳の卒乳・断乳時期は?

    溜まり乳の方は自然卒乳は難しい?? 母乳育児のお母さんが赤ちゃんに母乳を飲ませなくなることを卒…
ページ上部へ戻る