母乳不足・少ない。4大原因は?【母乳育児の悩み】

母乳不足・少ない原因は

母乳が不足・・・どうすればいい?


母乳が足りていないと思っている人でも本当は十分母乳が出ていることがほとんどです。
しかし母乳が出る量には個人差もあるため、中には本当に母乳不足もしくは母乳量が少ないという人もいるようです。
では母乳不足になる原因はどこにあるのでしょうか。

貧血


母乳というのはお母さんの血液から作られます。
そのため出産時に多量に出血をしてしまった場合、お母さんが貧血を起こしてしまい母乳不足になっているということがしばしばあります

もともと妊娠中というのは赤ちゃんの成長に伴って循環する血液量が増えるのに対し、赤血球やヘモグロビンがあまり増えないことから貧血を起こしやすいと言われているため尚更です。
貧血になるとまずは自分の身体を回復させるという母体の防衛本能が働くため、母乳の出が悪くなるというわけです。

冷え


貧血でも触れたように、母乳はお母さんの血液が元となって作られるものです。
そのためお母さんが冷え症で体の血液循環が悪いと、母乳も出づらくなると言われています。

水分不足


母乳はその成分の大半が水分であり、お母さんの体が水分不足であれば当然作られる母乳の量は少なくなります。
1日に作られる母乳の量は600~800CCにもなると言われており、それらに必要な水分はすべてお母さんの体から賄われています。


母乳中の栄養分というのは、食事で摂取する以外にもお母さんの体の皮下脂肪に蓄えられている分を使うことができるものの、水分は蓄えがないため外から補わなくてはなりません。
そのため授乳中は普段自分に必要な量の水分に、さらに母乳の分をプラスした水分を摂る必要があるのです。


カロリー不足


妊娠中に体重が増加してしまったからといって産後に食事制限をしたり偏った食事をしていると、カロリー不足になり母乳の量が少なくなってしまいます。
1か月に1キロ程度体重が減る分にはさほど問題はないですが、2キロ以上体重が落ちているという場合は食事量が足りていない可能性があります。


十分な量の母乳を作るためにも、授乳中は1日当たり450kcalほど多めにカロリーを摂取したほうが良いと言われています。
妊娠中に増えてしまった体重は、しっかり授乳をすることで元に戻ることがほとんどですから1日3食バランスのとれた食事をしっかり食べることが大切です。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 赤ちゃん 吐く

    私の「出過ぎる母乳」の処理は・・・【体験ブログ】

    母乳をあげるということで母子のコミュニケーションにもなります。blog-020 私には2人の子…
  2. 出生から卒乳まで、完全母乳で育てました。【体験ブログ】

    出なくて困ったという体験は一度もありませんでした。 ありがたいことに、出産後2日目にして母乳が…
  3. ごぼう茶 母乳

    ごぼう茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    乳腺炎を予防したり、母乳の出が良くなるごぼう茶 ごぼうは、根菜の代表的な存在であり、このごぼう…
  4. 炭酸ジュース 母乳

    炭酸ジュースはダメ?【授乳中&母乳にNGの飲料】

    赤ちゃんの発育に影響をおよぼす可能性がある炭酸ジュース 炭酸ジュースには、その他の飲料と比較し…
  5. 噛む 乳首

    乳首を噛むときはどうすればよい?原因と対処法は?

    乳首を噛まれて痛い! 原因は? 母乳育児をしていると乳腺炎などおっぱいのトラブルが起こることが…
ページ上部へ戻る