噛む 乳首

乳首を噛まれて痛い! 原因は?


母乳育児をしていると乳腺炎などおっぱいのトラブルが起こることが多くなりますが、こうしたおっぱいのトラブル以外にも「授乳中赤ちゃんに乳首を噛まれる」という悩みを抱えているお母さんは意外とたくさんいるようです。
乳首はとても敏感なため、歯が生えていない赤ちゃんでもかなりの痛みを感じることが多く、歯が生えている赤ちゃんに場合はなおさらです。
この痛みは体験してみなければなかなかわからない痛みです。


乳首を噛まれることが原因で、時には乳首裂傷を起こして傷口が化膿したりすることもあります
しかし乳首を噛むのには何らかの原因があるはずであり、赤ちゃんが乳首を噛む原因としては次のようなものがあると考えられています。



原因その1 母乳がおいしくない


母乳はお母さんの食べたものによって味が変化します。
脂肪分やカロリーの高い食事や甘いものをたくさん食べた後のおっぱいの味というのは、赤ちゃんにとってはおいしくない味だと言われています。
そのため赤ちゃんは乳首を噛んで「もっとおいしいおっぱいが飲みたい!」という意思表示をするのです。


原因その2 お母さんが授乳に集中していない

誰かと話しながら授乳をしたりテレビやスマホを見ながら授乳をしたり・・・いわゆる「ながら授乳」というのを赤ちゃんは嫌がります。
赤ちゃんは小さくても自分の意思や感情をしっかりと持った人間ですから、お母さんの気持ちや視線が自分に向いていないということを敏感に感じ取るのです。


原因その3 歯がかゆい

早い子であれば生後半年もたたないうちに歯が生え始めます。
歯が生え始める時期というのは口の中がむず痒く、やたらといろいろなものを噛みたがります。


原因その4 遊んでいる

少し大きくなると、いたずらの気持ちで乳首を噛むことがあります。


乳首をかむ場合の対処法は?


このように赤ちゃんはお母さんの様子や母乳の味などを敏感に感じ取り、自分の気持ちを伝えるために乳首を噛んでいるのだということが分かります。
乳首を噛まれないようにするためには、食生活を見直したり赤ちゃんにきちんと向き合って授乳を行うことなどに気をつけることが大切です。


歯が生え始めている赤ちゃんには歯固めやおもちゃを与えることで乳首を噛まないようにさせる方法もあります。
またたとえ小さな赤ちゃんでも「かんだらダメだよ」ということをきちんと言葉で伝えることはとても大切です。


お母さんの言っていることや「噛んだら痛いんだよ」という気持ちは赤ちゃんに伝わるものです。
それでもうまくいかないような時には授乳中に乳首を噛んだら鼻をつまむなどして、強制的に乳首を離させる対処も有効でしょう。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児 つらい

    ミルクを併用し、メインは母乳でした。【体験ブログ】

    経済的にも母乳の方が助かりました。 1年前に初めての子どもを出産しました。 私の場合、産む前…
  2. フットボール抱き

    卒乳をする日まで完全母乳。おすすめは・・・【体験ブログ】

    私が出産した産院では、母乳推進でした。 、妊娠中からおっぱいマッサージをして産後しっかりおっぱ…
  3. たんぽぽ茶 母乳

    たんぽぽ茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    たんぽぽ茶には乳腺炎の予防効果もあります。 たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根を乾燥させて焙煎したお…
  4. 断乳とは

    ランキング発表!本当に効果のある妊娠線クリームは?

    口コミ・評判がいい妊娠線クリームランキング 出産後、ふとお腹を見たら妊娠線が・・・なんて方も多…
  5. 母乳が出ない

    母乳のつまり・出ない場合は?【母乳育児の悩み】

    つまりで母乳が出ない・・・そんな時どうすれば?? 母乳は赤ちゃんにとって最高に栄養のある食事で…
ページ上部へ戻る