ミルク育児の3つのメリットとは?

ミルク育児

とっても多いミルク育児のメリット


最近は母乳育児が推奨されることも多く、母乳育児を行っている人も少なくありません。

しかしどうしても母乳の出が悪かったり、出ても母乳を飲ませられない事情を抱えている人も現実にはいます。
そういった場合は必然的にミルク育児をすることになりますが、ミルク育児にもメリットはもちろんあります。
今回はそんなミルク育児のメリットをご紹介していきます。

ミルク育児は授乳量がわかる!


まず第1に、飲んだ分量がはっきりとわかるという点です。
母乳の場合、赤ちゃんがどのくらい飲んでいるのか正確にはわかりませんが、ミルクは飲んだ量ははっきりとわかるため安心して授乳ができるのです。

またミルクのほうが消化に時間がかかるぶん腹持ちが良いため、授乳間隔が空いて良く眠ってくれます。

お父さん・パパも授乳が出来る


第2のメリットとしてはお父さんが積極的に育児に参加できるということがあります。
妊娠や出産を経験しないお父さんというのはなかなか父性が芽生えにくいものです。


赤ちゃんにミルクをあげることでお父さんも育児に参加することができ、お父さん自身に喜びや親としての自覚・父性を感じさせてくれます。

またミルクは母乳と違って誰でもあげることができますから、急用で赤ちゃんを誰かに預けて出かけるといった場合でも、ミルクの用意さえしておけば安心して出かけることもできます。


乳房に関するトラブルが無い!


第3のメリットとしては、乳腺炎などの乳房に関するトラブルや乳房の形が崩れることがないという点です。
母乳育児の場合授乳中は乳房のトラブルがつきものですが、ミルク育児の場合には全く心配がありません。


また母乳をあげると乳房が垂れたり乳首が太くなるなど乳房の形が崩れることが多いですが、ミルク育児の場合はこうした心配も皆無です。
その他にも、香辛料など刺激の多い食べ物でも気にせず食べることができる、病気になっても安心して薬を服用することができるといったお母さんへのメリットに加え、赤ちゃんが離乳食の時期に入った時でも、ミルク育児のほうが哺乳瓶に慣れているぶん果汁やお茶などもスムーズに飲んでくれることが多いといったメリットもあります。


このように、母乳育児が推奨される中で何となくマイナスイメージの強いミルク育児にも多くのメリットがあります
母乳が出ないときや飲ませられないときには必要以上に母乳にこだわらず、上手にミルク育児を取り入れることも上手な子育ての方法だと言えるでしょう。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 天才を育てる子供部屋

    0歳児教育で大切なこと。今から始める幼児教育。

    母親とのスキンシップが重要な0歳児の幼児教育 生まれて間もない、母乳育児をしている0歳児の時期…
  2. 母乳育児 つらい

    子供3人を母乳で育てました。【体験ブログ】

    私には子供が3人居るのですが、みんな母乳で育てました。 1人目の子供の時は妊娠中から母乳が…
  3. ほほえみママブレンド 飲み方

    ほほえみママミルクブレンドのおすすめの飲み方は?

    【実際に飲んでみました♪】おすすめの飲み方は? 完全母乳育児を目指しているママさんたちはかなり…
  4. 保存 母乳

    母乳の味が甘い場合・苦い場合はどうするの?

    あなたの母乳は甘い?苦い? 母乳というのはお母さんの食べたものによって味がその都度変化します。…
  5. ダメな食材

    母乳育児の食事でダメなものは?NG食材は4種類!

    母乳の出を悪くしたり、母乳をまずくしてしまう食べ物は? 母乳はお母さんが食べたり飲んだりし…
ページ上部へ戻る