タンポポコーヒー

コーヒーに含まれているカフェインが赤ちゃんに悪影響を与える


妊娠中や授乳中にコーヒーを飲むことを控えるということは、授乳中のママ達にとっては常識ともいえます。

その理由は、コーヒーに含まれているカフェインが赤ちゃんに悪影響を与えるためだとされています。


そもそもカフェインとは、アルカロイドという化合物の仲間です。



カフェインには覚醒作用があるため、脳の中枢神経系を興奮させて眠気を払ったり、集中力を高める効果があります。
このような効果があることから、カフェインは医薬品として利用されることもあります。しかし、カフェインは摂取し過ぎると、不安・下痢・頭痛・不眠といった症状を発生させます。


そして、中毒症を発症させる可能性もあるため、カフェインを摂取する際は十分に気をつける必要があります。
特に近年ではカフェインの過剰摂取傾向が問題になってきており、20歳代の男性がカフェイン中毒によって事故死したという事例も発生しています。


カフェインを赤ちゃんが摂取した場合に発生する症状は・・・



カフェインを赤ちゃんが摂取した場合に発生する症状として、泣く回数が増える、夜寝なくなる、情緒不安定になるなどの症状が発生するといわれています。


カフェインは上記の通り覚醒作用があり、脳を刺激し感覚や運動機能を高める作用があることから、赤ちゃんが摂取した場合は赤ちゃんが興奮して落ち着きがなくなるというケースがよく見られるようです。
つまり、興奮しすぎてリラックス出来ていない状態が続いてしまうため、赤ちゃんの小さな身体に負担がかかってしまうことになります。


そして、カフェインを過剰に摂取した場合に発生する赤ちゃんへの影響として最も危険といわれているのが、SIDS(乳児突然死症候群)の発症リスクを高くしてしまうということです。

SIDSの発症リスクは、カフェインを800mg/1日以上摂取した場合に通常の5倍になるといわれており、これに喫煙習慣が加わった場合はさらに発症リスクが高まるとされています。


また、コーヒーを飲むことは授乳期のママ自身にも悪い影響を与えます。


コーヒーに含まれているカフェインとタンニンには「鉄分」の吸収を阻害する働きがあるため、貧血発症のリスクを高めてしまいます。
授乳中のママは特に貧血になりやすい状態でもあるため、コーヒーを飲み過ぎるとますます貧血を悪化させてしまうことにもなりかねません。


授乳中のママがカフェインを摂取した場合、そのうちの1%前後が母乳に入り込むため、その母乳を通して赤ちゃんにもカフェインが移行してしまいます。


そして、普通の大人がカフェインを体外に排出するのに約5時間以上の時間を要するのに対し、小さな赤ちゃんは約80~100時間、およそ3~4日もの時間がかかるといわれています。


そのため、その間にママがさらにカフェインを摂取してしまうと、少しずつとはいえ赤ちゃんの体内のカフェインの蓄積量は増えていくことになってしまいます。
赤ちゃんの健康のためにも、授乳中のコーヒーは控えるようにし、もし飲んでしまった時には十分な時間を空けてから授乳をするようにしましょう。


【おススメ】母乳育児なら「ほほえみママミルクブレンド」


改めて、母乳とは赤ちゃんの身体になる「素材」です。
しかも、赤ちゃんの栄養補給は基本的に母乳だけ・・・

そんな中、母親が摂取する食事や水分は赤ちゃんの将来にとって非常に重要なのです。
3食インスタントラーメン、コーラをガブガブ、そしてここで言っているようにコーヒーを頻繁に飲む・・・・そんな食生活をしたまま母乳育児って考えるとゾッとしますよね。

そう、だからこそ母乳育児中の食事、とりわけ水分の質にはいつも以上に気を付けるべきでしょう。
そこで出てくるのが、オーガニック素材で作られたハーブティーである「ほほえみママミルクブレンド」です。

母乳の質向上にピッタリのルイボスティーやローズヒップティー等が配合された母乳育児専用のハーブティーなんです。

赤ちゃんの身体になる「素材」だからこそ妥協しないようにしっかりとしたものを選ぶようにしてくださいね。




>>母乳&授乳中に良い飲み物一覧【まとめ】

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. たんぽぽ茶 母乳

    たんぽぽ茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    たんぽぽ茶には乳腺炎の予防効果もあります。 たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根を乾燥させて焙煎したお…
  2. 天才を育てる子供部屋

    0歳児教育で大切なこと。今から始める幼児教育。

    母親とのスキンシップが重要な0歳児の幼児教育 生まれて間もない、母乳育児をしている0歳児の時期…
  3. フットボール抱き

    フットボール抱きの正しい方法は?【授乳の抱き方】

    フットボール抱きとは? 赤ちゃんに母乳を飲ませる時の抱き方には縦抱きや横抱きなどいろいろな方法…
  4. ほほえみママミルクブレンド 効果 効能

    ほほえみママミルクブレンドとは?効果・効能は?

    母乳育児のために開発されたオーガニックハーブティー ほほえみママミルク…
  5. 赤ちゃん 吐く

    私の「出過ぎる母乳」の処理は・・・【体験ブログ】

    母乳をあげるということで母子のコミュニケーションにもなります。blog-020 私には2人の子…
ページ上部へ戻る