母乳育児の食事でダメなものは?NG食材は4種類!

ダメな食材

母乳の出を悪くしたり、母乳をまずくしてしまう食べ物は?



母乳はお母さんが食べたり飲んだりしたものによってその成分が大きく変わります。
そのため母乳育児で育てたいと考えるお母さんは、特に自分の食生活に気をつける必要があります。


食事によっては母乳の出を悪くしたり、母乳をまずくしてしまうものもあります。
一体どのような食品が母乳育児には良くないと言われているのでしょうか。

NG食材は4種類!


  1. 炭水化物:もち米(餅)
  2. 乳製品:バター・チーズ・生クリーム・アイス・牛乳など
  3. 肉魚類:牛肉・豚肉・ウナギ・サバなど
  4. 野菜類、果物類:筍などのあくの強い野菜・スイカやナシなど水分の多い果物



マヨネーズや動物油といった油類のほか揚げ物などの油っこい食べもの、砂糖なども乳腺炎やつまりの原因となることがあるためあまり摂取しないほうが良いと言われています。
またアルコール類や炭酸飲料、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物もなるべく控えたほうが良いとされています。


その他いくらやたらこといったコレステロールの高い食品やカレーなどの刺激物、ラーメンなど塩分を多く含む食事もなるべく控えたほうがよいでしょう。
インスタント食品にも多くの添加物が含まれているため、過剰な摂取は禁物です。

無理に制限してしまうと逆にストレスをためてしまいがち


こうしてみてみると、母乳育児にダメだと言われる食事というのは案外食欲をそそるものが多く、これらを食べないように無理に制限してしまうと逆にストレスをためてしまいがちです。
おいしい母乳を出すために努力をしても、それがストレスになっていたのではせっかくの努力が水の泡になってしまいます。


こうした食事でも絶対に食べてはいけないというわけではありませんから、例えば授乳をした後に少しだけ甘いものを食べるなど、適度な量で食べ方に工夫をしながら食べるというのはストレスを溜めこまず良い方法かもしれません。
赤ちゃんの体をいたわると同時にお母さん自身の身体もいたわりストレスをなるべく抱えないように育児をすることがとても大切だと言えるでしょう。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 保存 母乳

    母乳の味が甘い場合・苦い場合はどうするの?

    あなたの母乳は甘い?苦い? 母乳というのはお母さんの食べたものによって味がその都度変化します。…
  2. フットボール抱き

    卒乳をする日まで完全母乳。おすすめは・・・【体験ブログ】

    私が出産した産院では、母乳推進でした。 、妊娠中からおっぱいマッサージをして産後しっかりおっぱ…
  3. 炭酸ジュース 母乳

    炭酸ジュースはダメ?【授乳中&母乳にNGの飲料】

    赤ちゃんの発育に影響をおよぼす可能性がある炭酸ジュース 炭酸ジュースには、その他の飲料と比較し…
  4. 母乳デメリット

    3人目は母乳とミルクで混合育児します。【体験ブログ】

    私は今まで2人の子供を完全母乳育児で育ててきました。 そして今3人目を妊娠中なのですが母乳育児…
  5. 母乳育児_ブログ

    出産、そして初乳まで。【Aさんの体験談:第1話】

    現在5歳と3歳の姉妹の先輩ママ「Aさん」の母乳育児体験記 元幼稚園教諭、四人兄弟の長女という母…
ページ上部へ戻る