哺乳瓶で赤ちゃんが飲まない場合は?4つの原因

赤ちゃんが哺乳瓶で飲んでくれない理由は?


母乳は飲むのに哺乳瓶では飲まないという赤ちゃんは少なくありません。
母乳育児なら哺乳瓶で飲まなくてもいいじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、外出時やお母さんの体調不良等が原因でミルクや搾乳した母乳を飲ませなくてはいけない場面に必ず出くわします。


そんな時に哺乳瓶で飲んでくれないとなると本当に困ってしまうものです。
赤ちゃんが哺乳瓶で飲んでくれない理由としては次のようなことが考えられます。


1.ゴムの乳首を嫌う


いくら本物の乳首に近づけているとはいえ、やはりゴムの乳首と本物の乳首とでは食感が違います。
赤ちゃんは大人が思っている以上に敏感であり、ちょっとした違いでも嫌がって口に含まないということはよくあります。


2.抱かれた状態でおっぱいが飲みたい


授乳の時間はお母さんと赤ちゃんのスキンシップができる大切な時間であり、赤ちゃんとしては哺乳瓶でではなくお母さんと肌と肌とをくっつけて飲みたいという気持ちがあります。


3.ミルクの味が嫌い


母乳に近い味にしているものの、やはり本物の母乳とミルクの味は違うようです。
母乳はお母さんの食事によって味が変化するため、赤ちゃんにとってもいろいろな味を楽しめるという点から母乳のほうがおいしいと感じるのかもしれません。


4.温度がぬるい


母乳は赤ちゃんにとって一番飲みやすい最適な温度のものが常に出てきます。
哺乳瓶でミルクや搾乳した母乳を与える時には人工的に温度を調整するため、どうしても赤ちゃんにとって最適な温度でないことが多くなります


では哺乳瓶で飲んでくれない場合、どうしたらよいのでしょうか?
まずは哺乳瓶の種類や乳首の形を変えてみるという方法があります。

多くの哺乳瓶は赤ちゃんの成長に応じて飲む量を調節できるよう、穴の形や大きさ、食感の違う乳首を用意しています。
乳首を変えるだけで驚くほどすんなり飲んでくれることもあります。



ミルクのメーカーを変えてみるのも良いでしょう。


ミルクはたくさんのメーカーが作っており、それぞれ微妙に味が異なります。
大人がずっと同じ食事を食べていると飽きてしまうのと同じで、赤ちゃんもずっと同じミルクを飲んでいると飽きてしまうことがあります。

違う味を試してみることで飲んでくれるようになるかもしれません。
またミルクを作るときは、初め少し熱めに作ってあげると良いかもしれません


母乳は常にお母さんのひと肌で温まったものが出てきますが、ミルクは飲ませているうちにだんだんと冷めてきてしまいます。
そのため時間が経つと冷めることを考え、気持ち熱めの温度で作ってみると良いかもしれません。

さらに乳首の部分をお湯で少し温めておくのも効果的です。

赤ちゃんはとっても敏感


赤ちゃんは唇で温度を感じ取るため、冷たい乳首を嫌がります。
お母さんの乳首と同じように温かい乳首であれば、すんなりと口に含んでくれるかもしれません。

その他にも少しの間哺乳瓶を休ませてみる、ミルクは別の人に作ってもらうなどの対処法があるようです。
試行錯誤しながらいろいろな策を試してみると良いのではないでしょうか。




関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児とミルク育児

    溜まり乳と差し乳の見分け方は?私はどっち?

    おっぱいには溜まり乳と差し乳2つのタイプ 溜まり乳とはおっぱいの中に常に母乳が溜まっている…
  2. フットボール抱き

    卒乳をする日まで完全母乳。おすすめは・・・【体験ブログ】

    私が出産した産院では、母乳推進でした。 、妊娠中からおっぱいマッサージをして産後しっかりおっぱ…
  3. たんぽぽ茶 母乳

    たんぽぽ茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    たんぽぽ茶には乳腺炎の予防効果もあります。 たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根を乾燥させて焙煎したお…
  4. ルイボスティー 効果 母乳

    ルイボスティーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    母乳の質が向上するルイボスティー ルイボスティーとは、「ルイボス」というマメ科の植物の葉を乾燥…
  5. 私の母乳育児で起こったアレコレ大変な事。【体験ブログ】

    今は混合で7ヶ月になり、離乳食も2回食になりました。 私が妊娠した時、まだ結婚もしておらず、広…
ページ上部へ戻る