母乳育児をしている女性のうち約25%に起こるとされる乳腺炎


乳腺炎は母乳育児をしている女性も約25%に起こるとされる病気ですが、適切な処置を行えば特に問題はありません。
しかしそのうち5%ほどは重症化することもあるため油断は禁物です。


乳腺炎とは乳腺に母乳が溜まることが原因で母乳がきちんとでなくなってしまう病気のことです。
母乳が詰まることが原因で起こる乳腺炎は特に「うっ滞性乳腺炎」と呼ばれていますが、「化膿性乳腺炎」といって出産していなくても乳頭や乳輪に傷ができ、そこからの細菌感染が原因で起こる乳腺炎もあります。
乳腺炎の原因にはいろいろありますが、ストレスや疲れ、甘いものや高脂肪食品の摂り過ぎも乳腺炎の原因になると言われています。


乳腺炎の症状としては次のようなものが挙げられます。

【うっ滞性乳腺炎】

  • 微熱
  • おっぱいが全体に赤みを帯びて腫れてカチカチになる
  • 痛みを伴うしこり



【化膿性乳腺炎】


  • 高熱(震えや寒気を伴う)
  • おっぱいの激しい痛みと腫れ
  • 炎症後に膿腫ができ膿が出てくることがある



このように一口に乳腺炎と言っても種類によって症状はまちまちであり、場合によっては抗生剤・鎮痛剤の服用や外科的手術が必要になることもあります。

このうち母乳育児に伴って起こるうっ滞性乳腺炎は母乳のつまりが原因で起こる乳腺炎であることから、おっぱいを温めてマッサージをして赤ちゃんが飲み残した母乳をすべて搾乳して出し切ることで症状を改善することができます。


乳首は清潔に!


また授乳の前後には必ず乳首を消毒して清潔に保つことも大切です。


乳首を不潔な状態にしておくと、今度は化膿性乳腺炎を発症してしまうことにもなりかねません。
また乳腺のつまりの原因となる食事(チョコレートや生クリームなどの油脂類、甘いお菓子等)はなるべく控えることが大切です。


疲労やストレスも乳腺炎の原因となりうるため、ストレスをためないよう自分なりのストレス発散法を見つけたり十分な休息をとるなど生活面での改善をはかるようにしましょう。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 初乳

    初乳とはいつからいつまで?色は?

    みなさんは「初乳」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? 赤ちゃんを出産するとお母さんのお…
  2. 粉ミルクから母乳へシフトチェンジしました。【体験ブログ】

    子供が産まれる前までは、自分は当然、赤ちゃんが産まれれば、母乳がでるものだと思っていました。 …
  3. フットボール抱き

    卒乳をする日まで完全母乳。おすすめは・・・【体験ブログ】

    私が出産した産院では、母乳推進でした。 、妊娠中からおっぱいマッサージをして産後しっかりおっぱ…
  4. 母乳育児とミルク育児

    約11カ月間の完全母乳育児で長男を育てました。【体験ブログ】

    出産前の時点では出来るだけ母乳育児をして行こうと思っていました。 私が出産した病院は「母乳育児…
  5. ルイボスティー 効果 母乳

    ルイボスティーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    母乳の質が向上するルイボスティー ルイボスティーとは、「ルイボス」というマメ科の植物の葉を乾燥…
ページ上部へ戻る