母乳育児 コツ

母乳育児をするうえでのいくつかのコツやポイント


まず第1に、「母乳は吸わせれば吸わせるほど出るようになる」ということです。
特に第1子の場合は出産後1か月近くは母乳の出も悪く、さらには赤ちゃん自身もまださほど上手に飲むことができないため、授乳回数がかなり多くなることがほとんどです。

「こんなに出が悪いのなら、母乳はあきらめてミルクに切り替えてしまおうか」と考える人も少なくないと思います。
しかしここが踏ん張りどころなのです。


ここであきらめておっぱいを吸わせなくなってしまうと母乳も出なくなっていきます。
この時期を何とか乗り越え頑張って赤ちゃんにおっぱいを吸わせていれば、数か月後には赤ちゃんが十分満足できるほどの母乳が出るようになります。
そのため、最初の数か月はミルクを併用しても構いませんがなるべく間隔をあけず赤ちゃんにおっぱいをすわせることがとても大切なのです。

子育て・育児というものは確実な正解はありません。
赤ちゃんにも一人ひとり個性があり、もちろん母親も千差万別です。

色々と工夫しながら、先輩ママに相談しながら母乳育児をしていきましょう。


乳首の硬さや形も大きく影響


また母乳育児をスムーズに行う上では、乳首の硬さや形も大きく影響します。
一般的に柔らかい乳首のほうが赤ちゃんは吸い付きやすく母乳も出やすくなると言われています。


そのため乳首が固い場合にはマッサージを行い柔らかくすることも大切です。
自分で行うのが難しければ、病院や助産院などの母乳外来を利用してマッサージを受けても良いでしょう。


乳首が陥没しているなど形状により赤ちゃんが母乳を吸いにくい場合も病院などで相談してみるのもよいでしょう。
またその他にも水分はなるべく多く摂取する、抱き方を工夫して赤ちゃんが母乳を飲みやすい体勢を作ってあげることなども大切です。

バランスのとれた食事が最も大事


母乳にはお母さんが摂取した栄養がそのまま含まれるため、お母さん自身がバランスのとれた食事を摂取する必要があります。
偏った食事では母乳も偏った成分になってしまうだけでなく、高カロリーで脂肪分の多い食事は過度に母乳を作らせたり乳腺炎を引き起こしてしまうこともあるため注意が必要です。


出来る限りたんぱく質やカルシウム、鉄分は積極的に摂取することが望ましいでしょう。
中でもカルシウムはお母さんの骨の中に含まれるカルシウムが母乳中に流れでるため、将来自分が骨粗鬆症にならないためにも積極的に摂取する必要があります。
またタバコやアルコールといった刺激物や薬も、その成分が母乳に流れ出るため、赤ちゃんの健康には悪影響を及ぼすため避けることが大切です。



このように、母乳育児をするうえではお母さん自身の健康管理や授乳の仕方など、いろいろなコツやポイントがあります。
赤ちゃんを母乳育児で育てたいと考えている人は、こうしたことに気を配ることでよりスムーズな母乳育児ができるはずです。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. ごぼう茶 母乳

    ごぼう茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    乳腺炎を予防したり、母乳の出が良くなるごぼう茶 ごぼうは、根菜の代表的な存在であり、このごぼう…
  2. 母乳育児とミルク育児

    母乳育児かミルク育児、どっちがいい?

    母乳育児とミルク育児を比較してみた 赤ちゃんが生まれるとまず悩むのが、「母乳で育てるかミルクで…
  3. 私の母乳育児で起こったアレコレ大変な事。【体験ブログ】

    今は混合で7ヶ月になり、離乳食も2回食になりました。 私が妊娠した時、まだ結婚もしておらず、広…
  4. 離乳食

    母乳育児から離乳食へのタイミングは?【母乳育児の悩み】

    離乳食へのステップアップはいつ? 母乳育児であれミルク育児であれ、いつかは離乳食(ベビーフード…
  5. 噛む 乳首

    乳首を噛むときはどうすればよい?原因と対処法は?

    乳首を噛まれて痛い! 原因は? 母乳育児をしていると乳腺炎などおっぱいのトラブルが起こることが…
ページ上部へ戻る