フットボール抱き

「差し乳」という言葉をご存知でしょうか?


差し乳とは、授乳間隔が空いてもおっぱいが張らず、赤ちゃんが飲み始めると途端に張った感じになり母乳が一気に出てくるおっぱいのことを言います。
また搾乳してもあまり出ないことも特徴です。

おっぱいの中に常に母乳が溜まっている「溜まり乳」と対の意味で、育児書などに載っていることが多いと思います。

差し乳は母乳が作られていないわけではありません


差し乳は母乳が作られていないというイメージをもたれることが多いですが、そうではありません。
おっぱいの張り方には個人差があるため、張らないからといって母乳が作られていないというわけではありません。

差し乳は必要な時だけ必要な量のおっぱいが作られる「受注生産型」のおっぱいであり、上手に授乳をすればいくらでも母乳を作り出すことができるのです。

授乳間隔が長くならないようにしましょう


しかし差し乳の人の場合、おっぱいが張らないために「本当に母乳がでているのだろうか」と不安になったり「私は母乳が出ない」と諦めてしまうことも少なくありません。
また差し乳の人はついつい授乳するのを忘れてしまったり、授乳間隔が長くなってしまいがちです。


しかしこうした不安や諦め、授乳間隔を空けてしまうことが母乳の分泌量が増えないもしくは母乳が出なくなってしまうことの要因となっています。
差し乳の人で母乳をしっかり出すためには授乳を十分にさせることが大切です。

新生児であれば1日に10回以上、10~20分ほどかけて授乳させるよう心掛けましょう
そうすることで赤ちゃんが必要とするだけの母乳は必ず作り出せるようになります。

授乳間隔が空いてしまうと母乳の質は低下


また溜まり乳同様に、授乳間隔が空いてしまうと差し乳の人も母乳の質は低下してしまいます
おいしくない母乳では赤ちゃんも当然飲みたがらないため、気が付けば母乳の分泌量が少なくなりそのままでなくなってしまうこともあります。


常に新鮮でおいしい母乳を赤ちゃんに飲ませてあげるためにも授乳間隔をある程度一定に保つことはとても重要です。
さらに差し乳であっても古い母乳をおっぱいの中に溜めておくことは良くないため、授乳回数が減ると乳腺炎などのトラブルを起こす可能性もあります。


こうしたトラブルを避けるためにも、差し乳の人は特に授乳間隔を空けないよう気をつけることが大切です。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児とミルク育児

    母乳育児かミルク育児、どっちがいい?

    母乳育児とミルク育児を比較してみた 赤ちゃんが生まれるとまず悩むのが、「母乳で育てるかミルクで…
  2. 赤ちゃん 母乳 効果

    母乳の効果・効能は?

    母乳の効果・効能というのはたくさんあります。 最近では母乳育児が推奨されることが多く、生まれた…
  3. カフェインレスコーヒー

    カフェインレスコーヒーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    カフェインが赤ちゃんに悪影響を与える カフェインレスコーヒーとは、特別な手法によってコーヒーの…
  4. フットボール抱き

    卒乳をする日まで完全母乳。おすすめは・・・【体験ブログ】

    私が出産した産院では、母乳推進でした。 、妊娠中からおっぱいマッサージをして産後しっかりおっぱ…
  5. 母乳育児は薬が飲めないのが大変です。【体験ブログ】

    私は一年間母乳育児をしました。 母乳育児にしたいなと思ったのは、やはり、母乳育児の方が栄養価が…
ページ上部へ戻る