母乳育児 コツ

お母さんが横になったまま授乳する「添い乳」


添い乳とは、お母さんが横になったまま赤ちゃんを抱っこせずに授乳することを言います。
添い乳は赤ちゃんがなかなか寝てくれない時でも、授乳してそのまま寝かしつけることができるほか、夜間の授乳や度重なる抱っこによりお母さんの腕が腱鞘炎などを起こして痛みがあるような時でも楽に授乳ができるというメリットがあります。

また温かい布団の上でお母さんと密着しながら母乳を飲めるので、赤ちゃんにとってもスキンシップ効果があります。

正しい添い乳の方法は?


添い乳の方法ですが、まずお母さんと赤ちゃんのお腹を向い合せる体勢をとります。
この時下側になるお母さんの腕は上にあげたり頭の下に入れるなどして、赤ちゃんとの間に置かないようにしましょう。


まずは下になっているほうのおっぱいから飲ませるとスムーズに進みます。
お母さんは赤ちゃんが横向きの姿勢を維持できるよう、もう一方の手で赤ちゃんの首から後頭部をしっかりと支えてから赤ちゃんに乳首を含ませます。

この時横向きの体勢を維持するのが難しいようであれば、赤ちゃんの後ろ側にタオルなどを挟んでおいてもよいでしょう。

上側のおっぱいを飲ませる時ですが、赤ちゃん自身が体を起こして飲むことは難しいため、赤ちゃんが無理な体勢で母乳を飲まないよう、お母さんが体勢を移動して赤ちゃんの口元に乳首を持っていってあげることが大切です。


便利な添い乳ですが、いくつかの注意点も


最も気をつけなくてはならないのが窒息です。
お母さんが赤ちゃんに覆いかぶさるような体勢で授乳をしたり、添い乳しながらついウトウトして赤ちゃんに覆いかぶさってしまうといったことが時にあります。


こうなると赤ちゃんはおっぱいで口を塞がれていますから、窒息してしまうというわけなのです。
また通常赤ちゃんは授乳後にげっぷをさせてから寝かしつけますが、添い乳ではげっぷをせずにそのまま赤ちゃんが眠ってしまうことが多いため注意が必要です。


げっぷをしないで寝てしまうと、お腹の中にガスが溜まり吐きやすくなったり苦しくて眠りも浅くなることがあります。
そのため授乳後によくげっぷをする赤ちゃんの場合は、必ず添い乳の後でもげっぷをさせてから寝かせるようにしましょう。


このように添い乳は、簡単なようでも気をつけなくてはならないこともあります。
また添い乳ばかりしていると、母乳の飲み方も浅くなったり偏りのある飲み方をされるため乳腺炎などのトラブルが起こりがちになります。


そのため日中はなるべく座った姿勢て授乳するようにし、添い乳は夜間などお母さんの疲労が溜まった時の方法としてうまく使い分けることが大切です。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳が出ない

    母乳のつまり・出ない場合は?【母乳育児の悩み】

    つまりで母乳が出ない・・・そんな時どうすれば?? 母乳は赤ちゃんにとって最高に栄養のある食事で…
  2. 出生から卒乳まで、完全母乳で育てました。【体験ブログ】

    出なくて困ったという体験は一度もありませんでした。 ありがたいことに、出産後2日目にして母乳が…
  3. ほほえみママブレンド 飲み方

    ほほえみママミルクブレンドのおすすめの飲み方は?

    【実際に飲んでみました♪】おすすめの飲み方は? 完全母乳育児を目指しているママさんたちはかなり…
  4. 母乳育児は薬が飲めないのが大変です。【体験ブログ】

    私は一年間母乳育児をしました。 母乳育児にしたいなと思ったのは、やはり、母乳育児の方が栄養価が…
  5. フットボール抱き

    卒乳をする日まで完全母乳。おすすめは・・・【体験ブログ】

    私が出産した産院では、母乳推進でした。 、妊娠中からおっぱいマッサージをして産後しっかりおっぱ…
ページ上部へ戻る