母乳育児 つらい

モンテッソーリ教育といえば敏感期という言葉


母乳育児をされている方なら気になるであろう「モンテッソーリ教育」。
なんとなく聞いたことはあっても詳しくは知らない・・・っていう方が多いのではないでしょうか。

そもそもモンテッソーリ教育法は、イタリアの医師マリア・モンテッソーリが創造した教育法で、子供の知的好奇心、独立心、自主性を伸ばしながら、社会貢献できる人間形成を目指すとしています。

そんなモンテッソーリ教育法ですが、説明や話をより詳しく聞くと、必ず出てくるのが敏感期という言葉です。
この敏感期は、赤ちゃんや幼児が「どんどんと吸収することのできるタイミングがある」ということです。


モンテッソーリはその敏感期を非常に大切にした学習法


そう、この敏感期こそが子供の基礎能力を決定つけるものでもあるんです。
モンテッソーリ教育法が幼児教育として非常に注目を浴びているのもこれが大きな理由であります。


赤ちゃんや幼児が「どんどんと吸収することのできるタイミング」である敏感期の期間にどれだけ赤ちゃん・幼児にスキンシップするかが今後の我が子の能力に多大な影響を及ぼすのです。


何はともあれ、色んな刺激を



とはいっても、生まれて間もない赤ちゃんに出来ることはそんなに多くはありません。
出来ることはスキンシップ=刺激です。

そしてこのスキンシップは母親とのコミュニケーションが最も大事なのです。
母親が笑顔で話しかける、くすぐってあげる、手を握ってあげる等々・・・それらが赤ちゃんの脳の発達をサポートしていくのでしょう。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児_ブログ

    出産、そして初乳まで。【Aさんの体験談:第1話】

    現在5歳と3歳の姉妹の先輩ママ「Aさん」の母乳育児体験記 元幼稚園教諭、四人兄弟の長女という母…
  2. 赤ちゃん 吐く

    私の「出過ぎる母乳」の処理は・・・【体験ブログ】

    母乳をあげるということで母子のコミュニケーションにもなります。blog-020 私には2人の子…
  3. カフェインレスコーヒー

    カフェインレスコーヒーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    カフェインが赤ちゃんに悪影響を与える カフェインレスコーヒーとは、特別な手法によってコーヒーの…
  4. ダメな食材

    母乳育児の食事でダメなものは?NG食材は4種類!

    母乳の出を悪くしたり、母乳をまずくしてしまう食べ物は? 母乳はお母さんが食べたり飲んだりし…
  5. 保存 母乳

    母乳の味が甘い場合・苦い場合はどうするの?

    あなたの母乳は甘い?苦い? 母乳というのはお母さんの食べたものによって味がその都度変化します。…
ページ上部へ戻る