母乳 タバコ 喫煙

喫煙が母乳育児にマイナスであることは明らか


母乳育児中は飲酒はもちろん、喫煙もやめるべきだということは多くの人が理解していると思います。
しかし禁煙というのはなかなか簡単にできるものではなく、妊娠前にかなりタバコを吸っていた人にとっては産後母乳育児中にも喫煙ができないことはとても大変なようです。

妊娠中はさすがに胎児への影響を気にして禁煙していても、産後どうしても我慢ができずダメだとわかっていても吸ってしまった・・・という人も少なくないようです。

喫煙をするとニコチンが母乳に・・・


飲酒をするとアルコールの成分が母乳中に出てしまうのと同様に、喫煙をするとニコチンが母乳中に出てしまいます。
母乳中のニコチンの濃度は、お母さんの血液中に吸収されたニコチンの2~3倍もの濃度で移行すると言われています。

ですので当然その母乳を赤ちゃんに飲ませることは大変な危険があります。
ある研究では喫煙してから3~5時間ほどすると母乳中のニコチン濃度は低くなるという結果が出ていますので、母乳育児中どうしても我慢できずタバコを吸ってしまった時は3~5時間程度空けて授乳するとよいかもしれません


しかし喫煙が母乳育児にマイナスであることは明らかです。
なぜならタバコには母乳を出すためのホルモンの分泌を抑制する働きがあり、母乳の出が悪くなるからです。
本当に赤ちゃんの事を考えているのであれば、なんとしてでも禁煙することが大切でしょう。

親が喫煙をすると赤ちゃんへのリスクはとっても大きい


また喫煙後に時間を空けて授乳するなど、母乳中に移行するニコチンを可能な限り避けたとしても、お母さんが喫煙することで子どもは受動喫煙をしているのだということを頭に入れておかなくてはいけません。
親が喫煙をすることで、赤ちゃんには次のようなリスクが高まると言われています。

  • 乳児突然死症候群(SIDS)
  • 知能の成長発達を阻害する
  • 気管支ぜんそくなどの呼吸器系疾患
  • 中耳炎や難聴


その他にも、鼻炎やアトピーなどのアレルギー疾患や低身長、注意欠陥多動性障害などいろいろな病気や障害が受動喫煙をしていた子どもには起こりやすいということが分かっています。


たとえ赤ちゃんの目の前で喫煙をしていなくても、受動喫煙児の約半数の体内からコチニン(ニコチンの代謝によって生まれる物質)が検出されたというデータも出ています。

以上のことからも、禁煙が辛い気持ちはもちろん分かりますが、赤ちゃんの健康を考えるのであれば「母乳に出なければ問題ない」という考え方は改め、禁煙に向けて努力することが大切だと言えます

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児

    母乳育児とは?

    赤ちゃんのカラダとココロに良い母乳育児 生まれたばかりの赤ちゃんが大きくなるためには母乳やミル…
  2. タンポポコーヒー

    たんぽぽコーヒーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    コーヒー豆を使っていないたんぽぽコーヒー たんぽぽは英語ではタンデライオン、中国語では蒲公英(…
  3. 断乳とは

    ランキング発表!本当に効果のある妊娠線クリームは?

    口コミ・評判がいい妊娠線クリームランキング 出産後、ふとお腹を見たら妊娠線が・・・なんて方も多…
  4. 完全母乳育児

    完全母乳育児とは?

    粉ミルクに頼ることなく赤ちゃんを育てる完全母乳育児 母乳育児とは、その名の通り母乳を飲ませて赤…
  5. 飲酒

    母乳育児中はお酒・アルコール等の飲酒は可能?

    母乳育児中に飲んでオッケー? 授乳中にアルコールを摂取するのは良くない、ということは授乳期のマ…
ページ上部へ戻る