縦抱きの正しい方法は?【授乳の抱き方】

縦抱き

縦抱き、横抱き、両方出来るようにしよう


母乳育児の場合授乳のたびに赤ちゃんを抱っこする必要がありますが、特に新生児期のうちは横抱きで授乳する人が多いと思います。
しかし赤ちゃんの大きさが小さめだったりすると、横抱きでの授乳がやりづらいことも少なくありません。
そんな時には縦抱きで授乳する方法もあります。

とても楽な姿勢で授乳することができる縦抱き


縦抱きでの授乳は赤ちゃんの首をお母さんがしっかりと手で固定してあげられるため、小さくの赤ちゃんでも安心して飲ませることができます。
またお母さん自身が妊娠や出産で腰や体を痛めている場合でも、とても楽な姿勢で授乳することができるため便利です。

正しい縦抱きの方法は次のようなもの


まずお母さんは背中にクッションなどを当てて、体が前のめりにならないようにします。
お母さんの体が前のめりになってしまうと赤ちゃんの顔におっぱい全体を押しつけてしまい、授乳がしにくくなることがあります。

ちゃんの口元と乳首の高さが合うよう、赤ちゃんのお尻の下にクッションや枕を置いて調整します。
この時乳首よりも赤ちゃんの口が少し下になるほうが、顎を軽くあけながら飲む形になるため授乳しやすいと言われています。


授乳させたいおっぱいと同じ側の太ももに赤ちゃんをまたいで座らせます。
そして授乳させたいおっぱい側の腕を赤ちゃんの背中に回してしっかりと支えます。
少し前まで縦抱き授乳は首がすわるまでしてはいけないと言われていましたが、最近では首がすわっていなくても問題なくできると言われています。

その際後頭部ではなく首の後ろの部分をしっかりと手で支えてあげましょう
そうすることで赤ちゃんはしっかりと深く乳首を加ええることができるため飲みやすくなります。

首がすわらないうちは注意が必要


縦抱きは横抱きで飲みのこしが起きがちな部分の母乳が良く吸われるため、正しい抱き方を覚えて横抱きと併用することでおっぱいのトラブルを防ぐ効果が期待できるでしょう。
ただし首がすわらないうちはお母さんも赤ちゃんの首をなかなかうまく支えられないことも多いでしょうから、そのような時には無理に縦抱きで授乳する必要はありません。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. ダメな食材

    母乳育児の食事でダメなものは?NG食材は4種類!

    母乳の出を悪くしたり、母乳をまずくしてしまう食べ物は? 母乳はお母さんが食べたり飲んだりし…
  2. 保存 母乳

    母乳の味が甘い場合・苦い場合はどうするの?

    あなたの母乳は甘い?苦い? 母乳というのはお母さんの食べたものによって味がその都度変化します。…
  3. 飲酒

    母乳育児中はお酒・アルコール等の飲酒は可能?

    母乳育児中に飲んでオッケー? 授乳中にアルコールを摂取するのは良くない、ということは授乳期のマ…
  4. 乳児教育

    超重要。幼児教育が天才教育に必要な理由とは?【乳児教育】

    0才から幼児教育を始めるか迷ってませんか? 天才を育てたい・・・じゃなくても子供の将来のために…
  5. 私の母乳育児で起こったアレコレ大変な事。【体験ブログ】

    今は混合で7ヶ月になり、離乳食も2回食になりました。 私が妊娠した時、まだ結婚もしておらず、広…
ページ上部へ戻る