卒乳

いつまで母乳育児は続けるもの?


母乳育児をしている人の中には「一体いつまで母乳育児・母乳保育は続けるものなのか」と悩んでいる人も少なくないと思います。
生まれてしばらくの間、母乳を与えることは赤ちゃんへの栄養摂取という重要な意味を持っています。

特に生後6か月ごろまでは母乳にはお母さんからの抗体が多く含まれており、母乳を飲むことはとても大きな役割を持っています


しかし生後半年を過ぎるころからは離乳食が始まるようになり、徐々に母乳から栄養摂取をする割合は減っていきます。
1歳を過ぎる頃にもなれば離乳食を3食摂り、食事から栄養摂取をすることが大半になってきます。


しかし母乳を与えることは栄養補給以外にも大きな意味を持っています。
それは、母乳を与える=お母さんと赤ちゃんのコミュニケーション、スキンシップという点です。
授乳は赤ちゃんとお母さんとをつなぐ大切なコミュニケーション手段の1つであり、赤ちゃんが大きな安心感を得ることができます。

1歳ごろまでには卒乳させたほうが良い?


昔は1歳ごろまでには卒乳させたほうが良いという考え方も多くありました。
しかし授乳にはこうした精神的な役割もあることから、最近では急いで卒乳をする必要はないという考え方が主流となってきています。


「いつまでも母乳を飲ませていると甘えん坊になるのでは」と心配する人もいるかもしれませんが、それにより子どもが安心できるのであれば無理にやめる必要はありません。


また離乳食もしっかり摂れているけれど母乳を飲みたがるという場合も、多くはお母さんとのスキンシップを求めてのことですから、離乳食と並行して授乳をしても問題ありません。

明確な区切りはありません


このように母乳育児のやめ時については、いつまででやめるといったような明確な区切りはありません。

大切なことは離乳食の進み具合とお母さんと子どもの間に信頼関係が築けているかということです。
これにより卒乳の時期は決まってくると言えます。


周囲に「まだ飲んでいるの」とか「早くやめたほうがいい」と言われることもあるかもしれません。
しかし母乳育児を長く続けたからと言って何か病気にかかるわけでもなければ、間違った育児をしているわけでもありません。
いつまで続けるのかはお母さんと赤ちゃん自身で決めることであり、周りの意見に左右されないことが大切です。


お母さんが仕事に復帰したいから母乳育児をやめたいなど、お母さんによる都合で無理やり卒乳させることもあるかもしれません。

しかし授乳をやめることによって赤ちゃんはお母さんとのスキンシップの時間が削られるわけですから、それを別の形で補わなくてはいけないということを忘れないでほしいと思います。

赤ちゃんの気持ちを考えることも必要



でも、どちらもママの気持ちや都合が強く出ています。
ママの気持ちが出るのは、それだけ赤ちゃんのことを考えてのことですが、赤ちゃんの気持ちを考えることも必要です。

赤ちゃんが母乳を飲みたがっているのに卒乳させる理由はなにか、親の考えと赤ちゃん自身の気持ちを重ね合わせてみましょう。

どうしてもママの都合を優先させる時もあります。
その時は、授乳タイムがなくなる赤ちゃんの立場になることも忘れないでください。

授乳タイムが無くなっても抱っこする時間は減らさない・・など、自分が赤ちゃんだったら、どんな条件をだすだろうと考えてみましょう。卒乳によってスキンシップが激減することは避けたいものです。


周囲に流されないで!


最後に、周囲の目や指摘が気になって卒乳することは、あまりお勧めしません。
母乳を飲ませることは、ママと赤ちゃんのスキンシップでもあります。

スキンシップをいつやめるかは、周囲ではなくママと赤ちゃんが決めるものです。


母乳を飲ませ続けたからといって、特別大きな病気にかかることはありません。
人より少し卒乳が遅れても、間違った育児をしているわけではありません。


新生児期は母乳が沢山でることに喜びを感じていたママも、周囲が卒乳し始めると、母乳が沢山出ることが邪険になるかもしれません。
周囲が卒乳して、離乳食だけになっていく様子をみると今度は母乳が出続けることに困るかもしれません。

本当は、いつまでも母乳がでることは悪いことではありません。
周囲を気にしすぎず、ママと赤ちゃんの都合で母乳育児と卒乳を決めたほうが、きっと、納得のいく育児に繋がります。

【おススメ】母乳は赤ちゃんの身体になる「素材」だからこそ妥協しないように。


改めて、母乳とは赤ちゃんの身体になる「素材」です。
しかも、赤ちゃんの栄養補給は基本的に母乳だけ・・・

そんな中、母親が摂取する食事や水分は赤ちゃんの将来にとって非常に重要なのです。
3食インスタントラーメン、コーラをガブガブ・・・・そんな食生活をしたまま母乳育児って考えるとゾッとしますよね。


そう、だからこそ母乳育児中の食事、とりわけ水分の質にはいつも以上に気を付けるべきでしょう。
そこで出てくるのが、オーガニック素材で作られたハーブティーである「ほほえみママミルクブレンド」です。

タンポポ茶やルイボス、ローズヒップティー等、母親の身体はもちろんの事、赤ちゃんの事も考えられた母乳育児専用のハーブティーなんです。

赤ちゃんの身体になる「素材」だからこそ妥協しないようにしっかりとしたものを選ぶようにしてくださいね。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児 つらい

    ミルクを併用し、メインは母乳でした。【体験ブログ】

    経済的にも母乳の方が助かりました。 1年前に初めての子どもを出産しました。 私の場合、産む前…
  2. たんぽぽ茶 母乳

    たんぽぽ茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    たんぽぽ茶には乳腺炎の予防効果もあります。 たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根を乾燥させて焙煎したお…
  3. 炭酸ジュース 母乳

    炭酸ジュースはダメ?【授乳中&母乳にNGの飲料】

    赤ちゃんの発育に影響をおよぼす可能性がある炭酸ジュース 炭酸ジュースには、その他の飲料と比較し…
  4. 母乳育児食事

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…
  5. 母乳育児_ブログ

    出産、そして初乳まで。【Aさんの体験談:第1話】

    現在5歳と3歳の姉妹の先輩ママ「Aさん」の母乳育児体験記 元幼稚園教諭、四人兄弟の長女という母…
ページ上部へ戻る