保存 母乳

卒乳、断乳はどっちがいい?


卒乳も断乳も、母乳育児をしているお母さんが赤ちゃんに母乳を与えなくなることを言いますが、両者には微妙な違いがあります。
「卒乳」とは、赤ちゃんの意思で自然とおっぱいを飲まなくなり離乳食に移行していくことを言います。

これに対し「断乳」とは、お母さんの意思によりおっぱいを飲むのをやめさせることを言います。

母乳を飲ませることは大きく分けて2つの意味があります。


1つは栄養補給という点であり、もう1つはスキンシップという点です。
赤ちゃんは生まれてから離乳食が完了するまで、成長に必要な栄養分をミルクや母乳から摂取するため、赤ちゃんの成長において母乳を飲ませることは欠かすことができません。


しかし1歳を過ぎ離乳食が完了する頃になると、栄養補給という意味では母乳を飲む必要はなくなります。
この頃になると、おっぱいを飲むことは栄養補給としてではなくスキンシップとしての意味合いが強くなります。


おっぱいを飲むことで赤ちゃんは精神的にも落ち着き、安心感を得ることができます。
一般的におっぱいをやめる時期の目安は1歳半から2歳ぐらいと言われていますが、これはあくまで目安です


おっぱいを飲むことで体の成長が著しく悪かったり離乳食の進みが悪いといった場合は別ですが、そうでない限りは子どもの気持ちを優先し子どもが欲しがるまでもしくはお母さんが納得のいくまで与えてあげてもよいという考え方が最近では主流となっているようです。

母乳育児をやめざるを得ない場合は


ただし現実には職場復帰や次の子の妊娠などを理由に母乳育児をやめざるを得ないことも少なくありません。
そんなときでもなるべく子どもの気持ちや体の成長具合、離乳食の進み具合などを考慮しながら断乳を進めることが大切です。


くれぐれもお母さんの都合だけで一方的におっぱいをやめてしまわないようにしましょう
無理にやめようとすると、子どもは精神的にも不安定になり余計におっぱいをやめるのにも時間がかかることもあります。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 噛む 乳首

    乳首を噛むときはどうすればよい?原因と対処法は?

    乳首を噛まれて痛い! 原因は? 母乳育児をしていると乳腺炎などおっぱいのトラブルが起こることが…
  2. 食事レシピ

    母乳育児のおすすめ食事メニュー・レシピ例

    授乳中はバランスのとれた食事を心掛けることが大切 母乳はお母さんの血液から作られるものであり、…
  3. 飲酒

    母乳育児中はお酒・アルコール等の飲酒は可能?

    母乳育児中に飲んでオッケー? 授乳中にアルコールを摂取するのは良くない、ということは授乳期のマ…
  4. 母乳育児は薬が飲めないのが大変です。【体験ブログ】

    私は一年間母乳育児をしました。 母乳育児にしたいなと思ったのは、やはり、母乳育児の方が栄養価が…
  5. 素顔のままで

    素顔のママで。の口コミと評判は?【妊娠線クリーム】

    出産後の妊娠線ケアは「素顔のママで」で決まり! 妊娠、出産、育児・・・そんな怒涛の勢いの中でと…
ページ上部へ戻る