母乳育児かミルク育児、どっちがいい?

母乳育児とミルク育児

母乳育児とミルク育児を比較してみた


赤ちゃんが生まれるとまず悩むのが、「母乳で育てるかミルクで育てるのか」という事ではないでしょうか。
最近では母乳育児を推奨している産院も少なくなく、出産前から「母乳育児で頑張ろう!」という心構えでいる人も中にはいると思います。


しかし自分でそう決めていても、いざ出産してみると思うように母乳が出なかったり母乳が出ても赤ちゃんがなかなかうまく飲んでくれないなど、スムーズな母乳育児ができないことも多いようです。
また周囲に母乳育児を強く勧められ、それが負担になってしまいストレスを抱えてしまう場合もあります。


母乳育児とミルク育児、どちらにもメリットとデメリットが



しかし母乳育児とミルク育児にはそれぞれにメリットとデメリットがあり、どちらが絶対に良い子育て方法だと決めることはなかなか難しいです。
それぞれのメリットとデメリットを自分でよく理解し、お母さんと赤ちゃんにとって一番ベストな方法を見つけることが大切です。



例えば母乳育児にはスキンシップ効果や経済面での負担が少ない、赤ちゃんの成長に必要な栄養素がバランスよく含まれているといったメリットがあることは良く知られています。
しかしその一方で、授乳間隔が短いため外出がままならないことや、お母さん自身が自分の食生活にかなり気をつける必要があるなどのデメリットもあります。



また飲んだ量が分かりづらく、気が付かないうちにあかちゃんが栄養不足に陥ってしまっていることもあります。
これに対してミルク育児の場合は、赤ちゃんがどのくらい飲んだかがはっきり分かるだけでなく、誰にでも授乳できるため外出がしやすい、腹持ちが良いため授乳間隔が長いといったメリットがあります。


しかしミルクには母乳に含まれる免疫力がないことや、経済的な負担が大きい、作るる手間や時間がかかるといったようなデメリットがあります。

そのため、自分と赤ちゃんにとってどちらの育児方法が良いのかはお母さん自身が決めることが大切です。
例えばいくら周りに母乳育児を勧められていても、母乳の出が悪ければ、必要以上に母乳育児にこだわることはストレス以外の何物でもありません。


逆にそうしたストレスによって母乳の出がさらに悪くなってしまうこともあります。


お母さんと赤ちゃんがストレスを抱えず笑顔でいられることができれば、どちらの方法でも赤ちゃんはすくすくと元気に育ちます。
1つの方法に固執せず、自分の考えで育児をしていくことが大切です。



どちらがいいのか決めるのはママ!


一番大切なのは、周囲の意見に惑わされず、何がママと赤ちゃんにとって一番良いかを考えることではないでしょうか。
病院や家族がどんなに「母乳がよい!」といっても、それを決断するのはママです。


「完全母乳にしなければならない」と気負ってしまうと、それがかえってストレスになり出る量が減ってしまうこともあります
ライフスタイルにあわせて、自分なりの育児をしていきましょう。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 母乳育児

    母乳育児とは?

    赤ちゃんのカラダとココロに良い母乳育児 生まれたばかりの赤ちゃんが大きくなるためには母乳やミル…
  2. 断乳とは

    ランキング発表!本当に効果のある妊娠線クリームは?

    口コミ・評判がいい妊娠線クリームランキング 出産後、ふとお腹を見たら妊娠線が・・・なんて方も多…
  3. 粉ミルクから母乳へシフトチェンジしました。【体験ブログ】

    子供が産まれる前までは、自分は当然、赤ちゃんが産まれれば、母乳がでるものだと思っていました。 …
  4. 母乳育児とミルク育児

    溜まり乳と差し乳の見分け方は?私はどっち?

    おっぱいには溜まり乳と差し乳2つのタイプ 溜まり乳とはおっぱいの中に常に母乳が溜まっている…
  5. タンポポコーヒー

    たんぽぽコーヒーの効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    コーヒー豆を使っていないたんぽぽコーヒー たんぽぽは英語ではタンデライオン、中国語では蒲公英(…
ページ上部へ戻る