横抱き

とっても大事!正しい横抱きの仕方


生まれたばかりの赤ちゃんは首もすわっていないため、育児が初めてのお母さんにとっては抱っこ一つにしてもとても大変です。
しかし母乳育児の場合は嫌でも一日に何度も赤ちゃんを抱っこして授乳する必要がありますから、正しい抱っこの仕方を覚えることはとても大切です。


間違った抱き方をしていたりいつも同じ姿勢で抱っこをして母乳を飲ませていると、母乳を吸われる乳腺とそうでない乳腺がどうしてもでてきてしまいます。
いつも吸われない部分の乳腺には飲みのこしができやすくなり、母乳の味が落ちてしまうだけでなく乳腺炎などのトラブルを引き起こすこともあります。


そのため授乳時には正しい抱き方で授乳をすること、そして色々な抱き方で授乳をすることがとても大切です。
中でも横抱きは授乳時の一般的な抱き方です。

横抱きの正しい方法


新生児期からとれる姿勢であり、お母さんは椅子やベットの上など座る姿勢をとることができれば場所を選ばずどこでも授乳することができます
横抱きで授乳する時には、まずお母さんのおなかに授乳クッションを置き、その上に赤ちゃんを寝かせてあげます


この時お母さんと赤ちゃんのお腹が密着するように抱きます。
互いの体を密着することでお母さんも猫背にならず楽な姿勢で授乳できます。


また横抱きは別名「ゆりかご抱き」ともいわれるように、赤ちゃんにとっても楽な姿勢です。
さらには肌を密着して母乳を飲むことができるため、安心感を持つこともできます。

横抱き中に気を付ける事は?


横抱きにした時、赤ちゃんの背中が丸くならないよう耳から腰のラインが一直線になるよう気をつけます。
そして授乳させたいおっぱい側の腕で、赤ちゃんの頭から背中にかけてしっかりと支えてあげます。


もう一方の手は赤ちゃんのお城を支えても良いですし、授乳させているおっぱいを支えても良いでしょう。
このように横抱きで授乳する方法はとても簡単です。

ただし赤ちゃんの胃というのはひょうたん型をしておりちょっとしたことで母乳を吐き戻しやすいものです。
そのため体勢を立て直したり何かの拍子に赤ちゃんの頭が下がってしまわないよう気をつける必要があります。

関連記事

母乳育児専用のハーブティー!?

【必見】母乳育児中の食事で気を付けるコト

  1. 母乳育児食事

    2018-3-15

    母乳育児の食事で気を付ける事は?

    超重要な母乳育児中の食事 母乳というのは食べたものによって味が変わってきます。 また食べるも…

ピックアップ記事

  1. 初乳

    初乳とはいつからいつまで?色は?

    みなさんは「初乳」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? 赤ちゃんを出産するとお母さんのお…
  2. ごぼう茶 母乳

    ごぼう茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    乳腺炎を予防したり、母乳の出が良くなるごぼう茶 ごぼうは、根菜の代表的な存在であり、このごぼう…
  3. 母乳デメリット

    3人目は母乳とミルクで混合育児します。【体験ブログ】

    私は今まで2人の子供を完全母乳育児で育ててきました。 そして今3人目を妊娠中なのですが母乳育児…
  4. たんぽぽ茶 母乳

    たんぽぽ茶の効果・効能は?【授乳中&母乳におすすめの飲料】

    たんぽぽ茶には乳腺炎の予防効果もあります。 たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根を乾燥させて焙煎したお…
  5. 横抱き

    9ヶ月の第一子の男の子を母乳育児中です!【体験ブログ】

    初めての赤ちゃん。母乳育児中です! いま現在、9ヶ月の第一子の男の子を育てています。 出…
ページ上部へ戻る